トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

ホームページがつながらないよ

困った事

昨夜 自分のホームページ確認したらつながらなくなってた

f:id:ptgj:20190416070319j:image

 

原因は

契約してるサーバーの今月の支払いが未納になってました

クレジットカードで毎月支払いで自動継続だったけど

5年ぶりに新しい有効期限のカードに先月切り替わって

支払いの有効期限の登録変更が必要だったようです

それやってなくて遮断されてしまった

 

対応は

昨夜すぐ手続きしました

画面上は支払い済みになった

でも今朝見たらまだダメでした

つながらない

 

今後は

今週は日中は仕事で対応できないから

いつ復旧できるかわからない

 

何が言いたいの

僕のドメインを使っている会社さんのホームページ全部見れません

ゴメンなさい🙇‍♂️

 

 

2019/04/20更新 翌日の夕方に復旧してました

焼き芋の写真が美味しそう

焼き芋お店を始めたけど

突然始めたので

お店名前い 

メニュー

どっちも まだ無いけど

今日は焼き芋の写真を貼る

 

僕のお気に入り焼き芋写真がコレ!

f:id:ptgj:20190407171723j:plain

 

拡大 僕はこの写真文字すごく好

f:id:ptgj:20190407171916j:plain

この画像は職場の後輩が食レポと一緒に送ってくれたもの

これを始めて見た時とても興奮したんだ

ぱっと見た瞬間に ぐっくるもがあったから

写真もいいし

文字の形や色の使い方もすごくいい

 

僕は焼き芋の写真を今までたくさん撮影したけど 

こんな美味しそうには 撮影できなかったんだよね

文字もこんなオシャレにできなかったし

 

デザインのセンスってエフェカシーの高さなのかな

心で達成したいゴールの高さが全然違うような

彼女たちは今までの経験からくる高さがあるから

無意識で当たり前のようにできちゃうんだろうね

僕ができないのは経験値が少なすぎてそれが低いんだね

 

でも僕はこんないいもの作ってもらえたから 

すごく嬉しいし気持ちいいんだ

エフェカシーの高い人って

自分も幸せにするけど周りも幸せにできるんだって

素敵だなぁ 感謝してる

 

出逢いは宝なり

お店とは 

焼き芋屋さんを始める時にオーナーさんから言われた事がある

さんがなくても営業していないとダメ

営業時間を決めていておく

やったり やらなかったり 

好き勝手するのが一番ダメだから

商いは飽きない 

 

僕の本音

焼き芋の広告を出していなのでお客さんはほぼ来ないだろな でもお店は開けていないといけないので自分や家族が食べる分をチョットだけ焼くことにしょ

今年の11月下旬にはチラシを入れて週末だけの本格オープンしたいなぁ

それまでは ちょっとづつお店作りしながら 男の隠れ家的な場所にしてのんびりしたい  僕はそう思っている

釜の内部を250まで加熱

f:id:ptgj:20190323173811j:plain

石焼き芋釜の加熱にはこの火力で約40分かかる

 

今日のシルクスイート

f:id:ptgj:20190323173231j:plain

 色も綺麗 焼き上がりはとても甘かった

 

今日の出来事

どうせお客さんは来ないから音楽を聴きながらツイッターでも知らない誰かと会話しようって思ってたら スーッと大きな白ベンツがお店の前に止まった

 

大きな白ベンツは焼き芋のお客さん?

そうかなぁ って様子を伺った

ドアが開いて降りてきた人は 知り合いの社長さんだった

前回お会いした時はフェンダーがへこんだ国産車だったので驚いた

 「あなたがお店始めたってオーナーさんから聞いたので来たんですよ」

「いろいろお話したかったんです...」

「前の約束覚えていますか?」

 はい 覚えています

あまりにも以外だったのでとても嬉しかった 

2時間ほどいろいろな話しをした

 

最近取得した特許の話し 

新しい枯山水事業の話し

出逢いは宝なり書道家の先生が木の皮で書いた文字の話しが印象に残った

 

ある人にとってはごみのようなものでも(お金を払って処分)するものでも ちょっと手を加えて別の形にすることで 別の人にとって価値のある製品になる(金を払って購入) 最近ずっと 大金より小銭って考えているとか

 

冬の北海道で開催される学会に飛行機ではなくあえて軽トラで行こうとした先生を支援した話しは話がすごすぎて 笑いすぎて腹が痛くなった

 

とにかくいろいろな話題で頭が混乱するくら多くの経験談に驚いた

そして仕事をする上で大切なものは何か? 社長の意見を伺った 

 

道具が一番大事

道具の手入れが次に大事

さらに

一番大切な道具は自分 

二番目に大切な道具はお金

 

今年火種の年になる

定年したら一緒に仕事したいって言ってくれたことが最高にうれしかった 僕は秒速やらせてくださいって答えた

石焼いも 祝開店

突然の話しで自分がいちばん驚いています

石焼いもお店始めました

まだホームページもチラシも何もありません 

 

営業日  土曜日、日曜日(不定期で休業あります)

営業時間 12時~15時

場所   氷室グリーンガーデン

     宇都宮市氷室町免の内1771

 

外観はこんな感じ(右側の広い部屋も使える)

f:id:ptgj:20190317193321j:plain

 

f:id:ptgj:20190317193727j:plain

 

f:id:ptgj:20190317193541j:plain

 

写真の方はオーナーさん(手前)とそのご友人です

f:id:ptgj:20190313212040j:plain

 

どうして僕が お店をやる事になったのか... 

 

年末にこの施設のオーナーさんが経営するお店に関して依頼されていたことがあって

年が明けてから依頼内容についてある提案をしました

でも…

その後のフォローを何もせず2ヶ月以上経過してしまった

この時期 僕はひとつの事に集中できなくて「あれもこれも」で焦ってた

全部が中途半端な状態になってた

 

3月旬になって よし! ひとつに絞って一個づつ片づけよう そう思った

まずは オーナーさんに電話して中途半端な提案で終わってしまったことをお詫びして次に進もうと考えました

 

そして電話をしました

中途半端な提案のままズルズル時間が過ぎて期待を裏切りってしまったことのお詫びをしたのです

 

すると

「ちょうど今電話しようとしたところです」

「土日休みですよね!」と言われ

 「はい休みです」と返すと

「土日だけでもお店やってみませんか!」と意外な提案があって

 「はい是非ともやらせてください」とお願いしたという次第です

ほんの一瞬でお店を始めることが決まってしまいました

 

でも ちょっと気になる事があります

前にやっていた方は どうしてやめたのか?…という疑問です

 

オーナーさんに聞いてみると

高齢化店を閉めてばかりいた儲からないから… と なるほどシンプルな理由でした

 

じゃあ なんで 僕はやるのか?

そして 自問自答

まだ若い道楽です!

 

週末の道楽なので 儲からないでも大丈夫 遊びなので

僕が特に気に入っている事は

焼き窯です ドラム缶を改造して作ったもので

燃料 薪を燃やす構造が憧れなので

 

燃やした時にパチパチ焚き火 独特の音が出る

僕はこのハゼる音が大好きなんです 

この音を聞くと 僕はとても癒される

 

僕と同じようにハゼる音好きな人はぜひおいでください

近くの方限定ですよ!遠くからわざわざ来てやってないと申し訳ないので…

洋服が煙臭くなりますよ… それでも平気な方じゃないと

営業時間は3時間だけです(土日 12時-15時)

 

僕の好きな本はこれ(ちょっと自慢の本です)

f:id:ptgj:20190317203915j:plain

  

 

 

かっぱ寿司のオーダーシートは書き難いよ

ちょっと前の話だけど テレビに静ちゃんが出てた

寿司屋の女性板前さんから卵焼きや魚のさばき方を教わっている番組だった

静ちゃんは初めてやる事なので上手く出来ないけど とにかく一生懸命やっているので その姿が美しいと感じるいい番組だった みんなそうだと思うけど一生懸命やっている人の姿って魅力的だよね どうしてなのか強く引き付けられる 僕は人がなにか集中して夢中にやっているのを見ると 近づきたくなる 近づいて一緒にやりたいって思うタイプ だいたいできないんだけどね そんなことを思いながら家族でテレビを見ているのうちに お寿司が食べたい お店は かっぱ寿司がいいと話しがまとまった

 いつもは別の寿司屋さんで電話予約して取りにいくけれど 今回 買い物の帰りに寄るつもりなので 引き取り時刻がはっきりしない だから予約せずにお店で直接オーダーすることにした かっぱ寿司は最近ガラガラだから予約しなくても大丈夫だよって聞いたし

 まず準備

  1. 家で食べたいお寿司をメニューを見てゆっくり選び 紙に書く
  2. その紙を写真撮影して出先の僕がお店に着くまでにLINEで送ってもらう
  3. 僕がお店に着いた時に オーダーシートに転記する

という作戦だ

 

1、まずメニューがこれ

f:id:ptgj:20190302144646j:plain

 

2、そして食べたいお寿司がこれ 

これ買ってきての連絡

f:id:ptgj:20190302143827j:plain

 

3、そしてお店にあるオーダーシートがこれ

f:id:ptgj:20190302141211j:plain

 

 オーダーシート記入

かっぱ寿司は専用の机と椅子が用意されていて そこでオーダーシートを書く スペースは充分広いしレイアウトもよい 店員さんの対応もよかった

書き終わったら呼んで下さいと説明を受けた

 ところが いざオーダーシートを 書き始めて戸惑った

どこに記入してよいか分かりにくい 全部で16種類31皿注文する予定だったけど 最初の数皿でギブアップした

 

店員さん助けて

簡単に探せないので ズーンと重い気分になった僕は店員さんに助けてもらおうと思った さっきの店員さんはとても優しそうだったので呼んでみた 

うまく書けないで手伝ってほしいと頼んだ 自分が読み上げるので店員さんに記入して欲しいとお願いした 店員さんは心よく対応してくれた

でも

いざ始めてみると店員さんでもなかなか探せないと分かった

「ちょっと待ってください…」

店員さんもなかなか探せない 何度も指で探している

2周しても見つからないものは印をつけてパスした

黒く炭塗りしてある部分も気になる

店員さんは確認のためにバックヤードに行ってしまった

しばらくすると戻ってきて理由を説明してくれた

「メニューの商品名とオーダーシートの商品名が違っているものがありました」

「これと これは 商品名が違いますが同じものです」 

結局全部記入するのに5分くらいかかり僕も店員さんもちょっと疲れた

かっぱ寿司のオーダーシートは書き難いよ

 

帳票は重要だよ

僕は長い期間クレーム処理の仕事をしていたせいか わかりにくい帳票が気になって仕方ない だからこの本を見つけた時は迷わず買った

帳票に起因する間違いが多かったことやその対策の水平展開が難しいと感じていたから そしてデータベース設計においてもとても重要なことだと思っているからだと思う

こんな本を読んでいるせいか よその会社の帳票も気になってみてしまう

だからかっぱ寿司のオーダーシートもすごく気になった

f:id:ptgj:20190302144947j:plain

帳票って作業性に直結するとても重要なものだけど きちんとしていないものが自分の周りには多い 帳票作る人と使う人が違っているからよくならないんだね

かっぱ寿司の帳票作ってる人 もしこれ見たらオーダーシート直してね店員さんがかわいそうだよ(もう直ってたらごめんね)

 

焼き芋🍠LINEグループ 4回目の食レポです

焼き芋🍠LINEグループ 

食レポをお願いして4回目になります。

前回までは2品種づつお配りしてましたが今回は全3品種のお配りです。収穫から3か月経過し熟成も進んでいるので全部を食べ比ベどの品種が好きか順番を付けて欲しかったんです。六人の方にお配りして、それぞれのご家族の方の意見も聞かせていただけたので、とても貴重なご意見が集まりました。 


調理日 2月1日

品種 紅はるか(ねっとり系)

   シルクスイート(しっとり系)

   紅あずま(ホクホク系)

温度 180℃~220℃

時間 80分~90分

3品種を3回に分け焼きました

 

食レポのモニターさん 6名  

それでは、これ以降ほぼ全部コピペです 


 

ふじさん

2 紅あずま
3 紅はるか
※2位3位は ほぼ同着
 
やっぱり焼き芋といったら、紅あずまが一番焼き芋ぽいな~ってイメージで2位にしましたが、もう少し甘さもあるといいな~と。でも今回頂いた紅あずまの片方のしっぽ部分は、ちょこっとねっとりしてました⤴反対側のしっぽは繊維も凄くて、大分水分抜けた感じでポサポサしてて固くて食べにくかったです。真ん中はポクポクでした。
 
三男
2 紅はるか
3 紅あずま
紅はるかは1.5位くらいだそうです。
 
長男
2 紅あずま
3 紅はるか
紅はるかは甘さがくどいけど、お茶と一緒に食べるなら2位でもいいかな~だそうです。
みんな皮ごと美味しく食べたみたいだけど、冷凍したせい?か紅はるか紅あずまもちょっと固くて私は食べられませんでした。
ちなみに、紅はるかは解凍して冷たいまま食べましたが、紅あずまは半分くらい常温で解凍してから、さらにレンジの解凍機能で解凍して、皮が焼きたてのようにパリっとなるまで温めて食べました。
我が家はシルクスイートが一番人気でした♪

 

紅はるか

f:id:ptgj:20190209165911j:plain

紅あずま

f:id:ptgj:20190209170033j:plain
紅あずま

f:id:ptgj:20190209170140j:plain

 

 ふじさんからの情報提供ありました

 新大久保でバニラアイスをのせて提供しているお店をWebで見つけたよって

 なかなか面白いので 次回丸パクリして食べてみようと思います

f:id:ptgj:20190209195014j:plain

 

  


 

うめちゃんさん

今回は私、弟、父の3人で頂きました!
 
各々の順位は
[私]
2.紅はるか
3.紅あずま
 
[弟]
1.紅はるか
2.紅あずま
 
[父]
1.紅はるか(ダントツ1位)
2.紅あずま
という感じでした!
 
私は普段シルクスイートが絶対的に1位なのですが、すごく甘いものが食べたい時は紅はるかの方が1位になるかなって感じです!
 
弟は全部同じくらい好きならしく毎回順位が変動するようです…笑
 
父は私とは逆で紅はるかよりシルクスイートの方が甘みが強く感じるらしく甘すぎてあんまり食べられないとの事でした! 紅はるかの方はすごく好みのようで私にシルクスイートを渡して私の分の紅はるかを食べてました
 
今回はお腹が空いててすぐ食べてしまったので写真撮り忘れてしまいました。すみません  今回も美味しいお芋ありがとうございました!
家族の中で好きな種類がバラバラなだけに、3種類頂けたことで偏りがないため助かりました ごちそうさまでした

 


 

わたさん

 

早く食べたすぎて写真撮り忘れてしまったので文章だけで失礼します
 
の順位
2、紅はるか
3、紅あずま
 
もともとしっとりねっとり系の焼き芋が好きなので僅差で順位をつけましたがどっちも同じくらい好きです!いつも美味しい
紅あずまは飲み物必須ですが食べ終わったあとの満足感があります!
 
祖母紅はるかがいつ食べても1番好き〜って言ってました!
皮ごと食べられるそうです
 
本当にいつも美味しいですごちそうさまでした〜(o´〰`o)♥

 


 

なかさん

私の順位です
1.紅はるか
2.紅あずま
 
息子の順位です
1.断然、紅はるか
3.紅あずま
 
娘の順位です😋
1.紅はるか
2.紅あずま
3.シルクスイート
 
紅はるかは、蜜がたっぷりで甘味があり濃厚でデザート感覚でペロッと頂きました(二人同意見) 冷たいのがやっぱり好みでした
 
紅あずまは、初めて食べましたが1番焼き芋らしい感じがして、ホクホクで美味しく頂きました(私) 息子は、好みじゃ無かったみたいです
 
娘は、寝てしまったので、順位が聞けず。
 
写真は、今回紅あずましか撮って無いです。後でアップしておきます。
今回は、3種類の🍠をありがとうございました。
全部美味しく頂きました。
 
娘の意見は、紅はるかは冷たいままでも飽きずにいくらでも食べられる。
紅あずまは、シルクスイートよりは甘くなくほんのり甘くて良かった❗
今回は、シルクスイートは娘は食べていないです。
 
紅あずま
f:id:ptgj:20190210214334j:plain

f:id:ptgj:20190210214218j:plain

 


 

たかさん

 

1.紅あずま
3.紅はるか
 
の順で好みでした
年明け前にいただいたお芋と比べて
甘さが強くなっているかは
味を鮮明に覚えていなくて
よく分かりませんでした😭
紅はるかシルクスイートはとても甘く
実もやわらかくて美味しかったです
母はシルクスイートが1番好みだそうです
 
紅あずまは他2種と比べて皮が厚い?硬い?
気がして、苦みが強く感じました
紅はるかシルクスイートは皮ごと食べても苦味などもなく美味しかったですが
苦味が苦手な人は紅あずまの皮は剥いて食べた方がよさそうだな〜と思いました!
 
個人的には皮の苦味を差し置いてもホクホクの紅あずまが1番好きでした!
 
どれも美味しかったです!
ごちそうさまです!

左:シルクスイート  中:紅はるか  右:紅あずま

f:id:ptgj:20190209175545j:plain

f:id:ptgj:20190209175457j:plain

 


 
おおさん
 
1、紅はるか
3、紅あずま
 
私は甘くてねっとりが好きなのでこの順位になりました 3本とも半分にして同時に頂きました
紅あずまのホクホクな食感は大好きなんですが、もう少し甘さが強かったらなーって思います
今までは食べてる焼きいもが何という種類なのか気にしていませんでしたが、さつまいもの種類でこんなに味とか食感に違いがあるんだなって改めて知ることができて良かったなーってしみじみ感じました
ありがとうございました
今回もご馳走さまでした
とっても美味しかったです
 

 

まとめ

焼き芋の好みは人によって全然違う。食べてもらわないとその人の好きな味かどうかはわからないんだって思った。

食感や甘さは焼き方や保温条件でも変化するので同じ味の提供の難しい。

同じ畑のお芋でも大きさも味もいろいろだし、ほくほく、ねっとり、しっとり、それ以外の表現もあればいいなぁ

 

新大久保でバニラアイスをのせた焼き芋を販売しているお店があると教えてもらったのも今回の成果。 ↓

f:id:ptgj:20190209190858j:plain

自分ひとりじゃ狭い範囲のことしかわからないので、たくさんの人の話しを聞けて違う方法もあるんだなってわかると楽しい。

 

そういえば、チョコをのせるとおいしいよって言ってたよ って聞いたから前回やってみた。まだ紹介してなかったので写真をのせておきます。

ミルクチョコとホワイトチョコで試したんだけど、僕はホワイトチョコのほうが好きだった。こんな感じ

f:id:ptgj:20190209192959j:plain

 

品川やきいもテラスで砂糖をのせてバーナーで焼くブリュレを出しているお店があったしトッピングを工夫した提供方法にも興味がわいてきた。

 

今日、関東地方は雪 雪の日はこの曲が聞きたくなるんです。

back number「ヒロイン」リピート再生しながら書きました。

 

 

 

毎日の習慣を変えんとあかん

習慣を変えないとあかん

自己啓発として YouTube Schoo Voicy Podcast を見て成功している人の話しを聞いた バランスだとか 行動習慣だとか たくさんあるが 全然 僕の心には響かなかった 
あれこれ見ているうちに 基本的で共通する習慣があると気づいた なんとなく効果がありそうだと感じた だって偉大な経営者エグゼクティブ当たり前のようにやっている事 なんで真似しないのって言う人がいたから なんかその考え方いいねって思った 単純に真似したら自分は変われるかもって思った 他人は変えられないから自分が変われって言ってたから
 
僕は毎日 この習慣をやってみる 
  1. 朝自分が明るくなれることをする(笑顔で歯磨きをする。。。)
  2. 朝トイレの掃除をする
  3. 食事をする時はよく噛んで食べる(絶対に早食いをしない)
  4. 皿洗いをする
  5. 運動をする

  きっと何かが変わると信じて。。。

 

黙って開始した でもすぐに異変でバレた

開始2日目 お風呂掃除もぜひ追加してと言われた

 

約1週間経過してわかったことは

全部で約2時間かかっている 毎日2時間はけっこうしんどい

ずっと続けられるように内容とバランスを見直さない

 

新たな習慣を始めるようとした訳

心の状態で結果が決まるんだって だからいつも明るく笑顔でいたい 人間は無心になれる時間が必要なんだって だから無心に掃除したり皿洗いしたりする時間っていいんだって 人生は徐々にではなく突然変わるんだって たった一言で変わることもある こんちくしょう頭に来た時は結構チャンスらしい 普通へこむけど そん時のエネルギーを自分にチャージして ありがとうって思うんだって ​あと病気は全て血液からきてるから 血液が効率よく作られて 流れも良くなれば 脳の状態もよくなるんだって どこまで本当かわからないけど そう信じている人がいるならそっくり真似していいかと思った 丸パクリだ 何か変わるかもしれないから
 

デジタルネイティブ世代とのつながり 光と影

日本では1990年以降に生まれた人達をデジタルネイティブ世代と呼ぶらしい 僕はたまたま職場の仲間にその世代の人が入ったことで このことを考えるようになった

Twitterが縁で若い世代の人とのやりとりが始まり LINEや Twitterの良い部分がたくさんわかった いろいろ試したいと思ったら 調子に乗りすぎて 相手がつらいと感じることへの配慮が欠けていた  自分らしくないことをして 迷惑をかけてしまったと反省 負の部分を思い知らされた

このままじゃいけないと思っている 伝えるのが難しいが 表現と内容と考え方が一致せず ふわふわなマインドで 心の矢印がくるくる回ってしまい 迷って探しものが何なのか分からない アホな状態になってた。。。

 

デジタルネイティブ世代の人達の中にはいい人がいっぱい

僕のようなアナログテレビ世代の人と高速ネット回線で囲まれた時代に生まれたデジタルネイティブ世代とは見えている景色が違うようだ 個人の好みも ライフスタイルも 際限なく細分化されているし 会っているいる人はもちろん それぞれ会ったことの無い人たちともつながっているし 別れた相手ともつながっていて 情報を共有したり 覗いたり アカウントを変えコミュニティによって自分の顔を変えたり 特定の自分になったり 人間はみんな多面的だから環境によって性格も行動も変わるのは自然だと思ったし 高い情報検索スキルと絵文字やスタンプ ペイントツールなどを使ったビジュアルコミュニケーションスキルの高い人が多い 違う年代の人とつながれる人も多い この時代の人たちの暮らしに 僕は完全に憧れてしまった 踏み出す一歩の勇気で 優しさに触れ心が満たされたときが何度もあった 優しい言葉で背中を押してくれる人がいて嬉しかった こんなことSNSの無い時代に経験できなかった だからもっと深く知ってこれらのツールを活用したいと思っている

 

f:id:ptgj:20190126195130p:plain