トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

焼き芋🍠LINEグループ 4回目の食レポです

焼き芋🍠LINEグループ 

食レポをお願いして4回目になります。

前回までは2品種づつお配りしてましたが今回は全3品種のお配りです。収穫から3か月経過し熟成も進んでいるので全部を食べ比ベどの品種が好きか順番を付けて欲しかったんです。六人の方にお配りして、それぞれのご家族の方の意見も聞かせていただけたので、とても貴重なご意見が集まりました。 


調理日 2月1日

品種 紅はるか(ねっとり系)

   シルクスイート(しっとり系)

   紅あずま(ホクホク系)

温度 180℃~220℃

時間 80分~90分

3品種を3回に分け焼きました

 

食レポのモニターさん 6名  

それでは、これ以降ほぼ全部コピペです 


 

ふじさん

2 紅あずま
3 紅はるか
※2位3位は ほぼ同着
 
やっぱり焼き芋といったら、紅あずまが一番焼き芋ぽいな~ってイメージで2位にしましたが、もう少し甘さもあるといいな~と。でも今回頂いた紅あずまの片方のしっぽ部分は、ちょこっとねっとりしてました⤴反対側のしっぽは繊維も凄くて、大分水分抜けた感じでポサポサしてて固くて食べにくかったです。真ん中はポクポクでした。
 
三男
2 紅はるか
3 紅あずま
紅はるかは1.5位くらいだそうです。
 
長男
2 紅あずま
3 紅はるか
紅はるかは甘さがくどいけど、お茶と一緒に食べるなら2位でもいいかな~だそうです。
みんな皮ごと美味しく食べたみたいだけど、冷凍したせい?か紅はるか紅あずまもちょっと固くて私は食べられませんでした。
ちなみに、紅はるかは解凍して冷たいまま食べましたが、紅あずまは半分くらい常温で解凍してから、さらにレンジの解凍機能で解凍して、皮が焼きたてのようにパリっとなるまで温めて食べました。
我が家はシルクスイートが一番人気でした♪

 

紅はるか

f:id:ptgj:20190209165911j:plain

紅あずま

f:id:ptgj:20190209170033j:plain
紅あずま

f:id:ptgj:20190209170140j:plain

 

 ふじさんからの情報提供ありました

 新大久保でバニラアイスをのせて提供しているお店をWebで見つけたよって

 なかなか面白いので 次回丸パクリして食べてみようと思います

f:id:ptgj:20190209195014j:plain

 

  


 

うめちゃんさん

今回は私、弟、父の3人で頂きました!
 
各々の順位は
[私]
2.紅はるか
3.紅あずま
 
[弟]
1.紅はるか
2.紅あずま
 
[父]
1.紅はるか(ダントツ1位)
2.紅あずま
という感じでした!
 
私は普段シルクスイートが絶対的に1位なのですが、すごく甘いものが食べたい時は紅はるかの方が1位になるかなって感じです!
 
弟は全部同じくらい好きならしく毎回順位が変動するようです…笑
 
父は私とは逆で紅はるかよりシルクスイートの方が甘みが強く感じるらしく甘すぎてあんまり食べられないとの事でした! 紅はるかの方はすごく好みのようで私にシルクスイートを渡して私の分の紅はるかを食べてました
 
今回はお腹が空いててすぐ食べてしまったので写真撮り忘れてしまいました。すみません  今回も美味しいお芋ありがとうございました!
家族の中で好きな種類がバラバラなだけに、3種類頂けたことで偏りがないため助かりました ごちそうさまでした

 


 

わたさん

 

早く食べたすぎて写真撮り忘れてしまったので文章だけで失礼します
 
の順位
2、紅はるか
3、紅あずま
 
もともとしっとりねっとり系の焼き芋が好きなので僅差で順位をつけましたがどっちも同じくらい好きです!いつも美味しい
紅あずまは飲み物必須ですが食べ終わったあとの満足感があります!
 
祖母紅はるかがいつ食べても1番好き〜って言ってました!
皮ごと食べられるそうです
 
本当にいつも美味しいですごちそうさまでした〜(o´〰`o)♥

 


 

なかさん

私の順位です
1.紅はるか
2.紅あずま
 
息子の順位です
1.断然、紅はるか
3.紅あずま
 
娘の順位です😋
1.紅はるか
2.紅あずま
3.シルクスイート
 
紅はるかは、蜜がたっぷりで甘味があり濃厚でデザート感覚でペロッと頂きました(二人同意見) 冷たいのがやっぱり好みでした
 
紅あずまは、初めて食べましたが1番焼き芋らしい感じがして、ホクホクで美味しく頂きました(私) 息子は、好みじゃ無かったみたいです
 
娘は、寝てしまったので、順位が聞けず。
 
写真は、今回紅あずましか撮って無いです。後でアップしておきます。
今回は、3種類の🍠をありがとうございました。
全部美味しく頂きました。
 
娘の意見は、紅はるかは冷たいままでも飽きずにいくらでも食べられる。
紅あずまは、シルクスイートよりは甘くなくほんのり甘くて良かった❗
今回は、シルクスイートは娘は食べていないです。
 
紅あずま
f:id:ptgj:20190210214334j:plain

f:id:ptgj:20190210214218j:plain

 


 

たかさん

 

1.紅あずま
3.紅はるか
 
の順で好みでした
年明け前にいただいたお芋と比べて
甘さが強くなっているかは
味を鮮明に覚えていなくて
よく分かりませんでした😭
紅はるかシルクスイートはとても甘く
実もやわらかくて美味しかったです
母はシルクスイートが1番好みだそうです
 
紅あずまは他2種と比べて皮が厚い?硬い?
気がして、苦みが強く感じました
紅はるかシルクスイートは皮ごと食べても苦味などもなく美味しかったですが
苦味が苦手な人は紅あずまの皮は剥いて食べた方がよさそうだな〜と思いました!
 
個人的には皮の苦味を差し置いてもホクホクの紅あずまが1番好きでした!
 
どれも美味しかったです!
ごちそうさまです!

左:シルクスイート  中:紅はるか  右:紅あずま

f:id:ptgj:20190209175545j:plain

f:id:ptgj:20190209175457j:plain

 


 
おおさん
 
1、紅はるか
3、紅あずま
 
私は甘くてねっとりが好きなのでこの順位になりました 3本とも半分にして同時に頂きました
紅あずまのホクホクな食感は大好きなんですが、もう少し甘さが強かったらなーって思います
今までは食べてる焼きいもが何という種類なのか気にしていませんでしたが、さつまいもの種類でこんなに味とか食感に違いがあるんだなって改めて知ることができて良かったなーってしみじみ感じました
ありがとうございました
今回もご馳走さまでした
とっても美味しかったです
 

 

まとめ

焼き芋の好みは人によって全然違う。食べてもらわないとその人の好きな味かどうかはわからないんだって思った。

食感や甘さは焼き方や保温条件でも変化するので同じ味の提供の難しい。

同じ畑のお芋でも大きさも味もいろいろだし、ほくほく、ねっとり、しっとり、それ以外の表現もあればいいなぁ

 

新大久保でバニラアイスをのせた焼き芋を販売しているお店があると教えてもらったのも今回の成果。 ↓

f:id:ptgj:20190209190858j:plain

自分ひとりじゃ狭い範囲のことしかわからないので、たくさんの人の話しを聞けて違う方法もあるんだなってわかると楽しい。

 

そういえば、チョコをのせるとおいしいよって言ってたよ って聞いたから前回やってみた。まだ紹介してなかったので写真をのせておきます。

ミルクチョコとホワイトチョコで試したんだけど、僕はホワイトチョコのほうが好きだった。こんな感じ

f:id:ptgj:20190209192959j:plain

 

品川やきいもテラスで砂糖をのせてバーナーで焼くブリュレを出しているお店があったしトッピングを工夫した提供方法にも興味がわいてきた。

 

今日、関東地方は雪 雪の日はこの曲が聞きたくなるんです。

back number「ヒロイン」リピート再生しながら書きました。

 

 

 

毎日の習慣を変えんとあかん

習慣を変えないとあかん

自己啓発として YouTube Schoo Voicy Podcast を見て成功している人の話しを聞いた バランスだとか 行動習慣だとか たくさんあるが 全然 僕の心には響かなかった 
あれこれ見ているうちに 基本的で共通する習慣があると気づいた なんとなく効果がありそうだと感じた だって偉大な経営者エグゼクティブ当たり前のようにやっている事 なんで真似しないのって言う人がいたから なんかその考え方いいねって思った 単純に真似したら自分は変われるかもって思った 他人は変えられないから自分が変われって言ってたから
 
僕は毎日 この習慣をやってみる 
  1. 朝自分が明るくなれることをする(笑顔で歯磨きをする。。。)
  2. 朝トイレの掃除をする
  3. 食事をする時はよく噛んで食べる(絶対に早食いをしない)
  4. 皿洗いをする
  5. 運動をする

  きっと何かが変わると信じて。。。

 

黙って開始した でもすぐに異変でバレた

開始2日目 お風呂掃除もぜひ追加してと言われた

 

約1週間経過してわかったことは

全部で約2時間かかっている 毎日2時間はけっこうしんどい

ずっと続けられるように内容とバランスを見直さない

 

新たな習慣を始めるようとした訳

心の状態で結果が決まるんだって だからいつも明るく笑顔でいたい 人間は無心になれる時間が必要なんだって だから無心に掃除したり皿洗いしたりする時間っていいんだって 人生は徐々にではなく突然変わるんだって たった一言で変わることもある こんちくしょう頭に来た時は結構チャンスらしい 普通へこむけど そん時のエネルギーを自分にチャージして ありがとうって思うんだって ​あと病気は全て血液からきてるから 血液が効率よく作られて 流れも良くなれば 脳の状態もよくなるんだって どこまで本当かわからないけど そう信じている人がいるならそっくり真似していいかと思った 丸パクリだ 何か変わるかもしれないから
 

デジタルネイティブ世代とのつながり 光と影

日本では1990年以降に生まれた人達をデジタルネイティブ世代と呼ぶらしい 僕はたまたま職場の仲間にその世代の人が入ったことで このことを考えるようになった

Twitterが縁で若い世代の人とのやりとりが始まり LINEや Twitterの良い部分がたくさんわかった いろいろ試したいと思ったら 調子に乗りすぎて 相手がつらいと感じることへの配慮が欠けていた  自分らしくないことをして 迷惑をかけてしまったと反省 負の部分を思い知らされた

このままじゃいけないと思っている 伝えるのが難しいが 表現と内容と考え方が一致せず ふわふわなマインドで 心の矢印がくるくる回ってしまい 迷って探しものが何なのか分からない アホな状態になってた。。。

 

デジタルネイティブ世代の人達の中にはいい人がいっぱい

僕のようなアナログテレビ世代の人と高速ネット回線で囲まれた時代に生まれたデジタルネイティブ世代とは見えている景色が違うようだ 個人の好みも ライフスタイルも 際限なく細分化されているし 会っているいる人はもちろん それぞれ会ったことの無い人たちともつながっているし 別れた相手ともつながっていて 情報を共有したり 覗いたり アカウントを変えコミュニティによって自分の顔を変えたり 特定の自分になったり 人間はみんな多面的だから環境によって性格も行動も変わるのは自然だと思ったし 高い情報検索スキルと絵文字やスタンプ ペイントツールなどを使ったビジュアルコミュニケーションスキルの高い人が多い 違う年代の人とつながれる人も多い この時代の人たちの暮らしに 僕は完全に憧れてしまった 踏み出す一歩の勇気で 優しさに触れ心が満たされたときが何度もあった 優しい言葉で背中を押してくれる人がいて嬉しかった こんなことSNSの無い時代に経験できなかった だからもっと深く知ってこれらのツールを活用したいと思っている

 

f:id:ptgj:20190126195130p:plain

 

干し芋を見て 友達ってなんだろうって考えた

心の友って

大人になって本当に価値観が近い人に出合った時 何かバチバチって火花が散るみたいに感じる時がある なんだこれはって 出逢いがあると 急激に心の振動数が高まる
お互いに尊敬しあえる人で 思い、情熱、スピード感、タイミングなども重要
お互いの心の振動数が気持ちよく高められる関係が心の友なんだと思う
 
僕が鬼澤さんに出合ったのは 2年前 初めてお会いした時は ちょっとした勘違いがあって 大声で怒鳴られて 一触即発の状態だった
それでもこの2年間 ホームページの制作取材やさつまいもの仕入れ 食事会 人の紹介 LINEでのやりとりなど多くの交流があった そして今ではこんなに仲良くなった 僕は勝手心の友だと思っている
 
鬼澤さんにお聞きしたところ 正直 最初に僕を見た時は 相当変な人が来たと思ったそうだ まあ最初の印象が悪かったからね あとはどんどん良くなるだけでかえって良かったんじゃないの。。。笑
 
紅はるかの干し芋乾燥
〔左:鬼澤さん 右:トントコおやじ〕

f:id:ptgj:20190204204559j:plain

写真撮影は新たに鬼澤さんからさつまいもを仕入れたいという僕の同伴者に依頼しました

 

干し芋を作る道具

f:id:ptgj:20190204204925j:plain

 

鬼澤さんのご両親 さつまいもを大きな蒸し器で蒸しているところ

f:id:ptgj:20190204204827j:plain

 

面白かった事

鬼澤さんとご両親はそれぞれ別の作り方で干し芋を作って競ってます

お互い俺のほうがうまいって

さつまいも畑も別 蒸し器も別 ビニールハウスも別 干す期間も別 

まったく別々の作り方で競ってます

人は知っただけでは動かない 知るということと行動することには大きな隔たりがある

人は自分が納得したこと以外は行動にうつせないって実感できた 実に愉快だ

そして何よりも みんな楽しそうに仕事をしているのがいい みんな笑顔でいい仕事をしているから とてもパワーをもらえる 本当に楽しい
 
 
 
 
 
 

 

 

嵐の相葉くんも食べたさつまいも

僕は年が明けてからほぼ毎週 焼き芋焼いてます

僕が焼き芋に使うサツマイモの仕入れは鉾田のさつまいも農家の鬼澤さんです

 

その鬼澤さん 年末テレビに映りました 

嵐の相葉くんの番組 テレビ朝日相葉マナブ

 

職場のママさんがこの番組録画してたので 無理言って

スマホで撮影して送っていただきました

 

  これです↓ 鬼澤さんかっこよく映ってますよ!

f:id:ptgj:20190127183756j:plain

f:id:ptgj:20190127183717j:plain

f:id:ptgj:20190127183915j:plain

f:id:ptgj:20190127183843j:plain

 

今日の焼き芋

今日の注文は9kgだったので 生芋は約1.5倍で14kg焼きました

加熱することで水分が抜けるので多めに入れます

 

紅はるか8Kg  紅あずま4Kg シルクスイート2kg

f:id:ptgj:20190127182517j:plain

 

昨年4ケース仕入れたけど もう残りはこれだけなので

2月になったら 鬼澤さんのところに仕入れに行きたい

f:id:ptgj:20190127182612j:plain

 

焼き方

今回は量が多かったので 

焼き窯の上段を使ってプレヒート(予備加熱180℃)してみた

蜜の量が前回より多かった気がするので 

この方法 良いかもしれない

 

f:id:ptgj:20190127182647j:plain

 

 

焼き上がり

焼き上がりの写真撮るの忘れてて 最後に残った分 これだけ撮りました

食感はねっとりでとても甘かった

  紅はるか↓

f:id:ptgj:20190127184415j:plain

 

ホームページやっとここまで来た

お店ホームページ自分更新できるようになりたいと相談された。

やっとここまで来た という嬉しさと

うまくいくかな という不安が入混じってる

「検索で一番上に出てくるからすごいと思ってんですよ」

最高の褒め言葉だ。

 

ある日 ホームページ24時間 無料で働いてくれる優秀な営業マンになるという記事を読んだ あっ そういう事だったんか これは重要やん と思った 

だからホームページの可能性を探りたかった

 ホームページを作る事は慣れればできるが検索で上位に表示されるホームページって難しい。最初にレンタルサーバーを借りてドメイン設定した時 検索どころか 直接URLを入力しても表示されないってことに衝撃を受けた 

Google Chromeで検索しても簡単には出てこない 

よく「砂漠で1粒の砂を探すようなもの」と言われるがその通り

 

SEO対策の記事を読んだり 本を買って読んだり 

だんだん良い方法がわかってきた。

たまたま偶然気づいた方法もあった

その方法が本当に有効かどうか試したくて 

新たなお店のホームページの依頼があった時に最初にその方法を試した

何日後に検索で表示されるかとか。。。 

お店の名前で検索してトップページに表示されるには。。。

どうする。。。

抽象度の上げたワードでは。。。

と試すことはとても楽しかった 

その結果 徐々に独自のノウハウを蓄積されてきた

 

ホームページをもっていないお店と良い出合いをしたい

自分がどんなことでそのお店を支援できるかずっと考えていた

考えているだけで何も変わらない

答えの無い問いを 行ったり来たりしているある日 小さな商売をやっている人と仲良くなった。それから また紹介されて しばらくして また別の方を紹介される という形で だんだん広がって来た。この時は不思議なご縁に感謝した。

そのころ感じていたこと

誰かに出合っても紹介なんてまずない

紹介するには覚悟が必要だ 何もしないのが一番楽だ

紹介するリスクとベネフィットを当然考える

商売をやっている方って 広いネットワークをもっている

何の接点もない人とつながるって非常に難しい

 

僕は子供の頃から 知らない人でも話しかける子だった

めったに無いが 強い何かを感じる時があって 話しかけたくなる

その時の強い気持ちが入るとswitchがカチッと入るようだ

偶然の起きやすい場所や時期に次の偶然が重なるったような感じかな

 

不安な理由

自分でも試行錯誤でやっているので この先不安だらけ

  1. マニュアルなんてほとんど無い ググる
  2. いくつかの専用ソフトと操作スキルが必要になる ミスすると壊れる
  3. 新たな契約が必要になる 毎月、毎年の費用か発生る

 

伝えたいこと

  1. HTMLを書く
  2. プログラムの理解
  3. 画像の加工
  4. フォントの加工
  5. 転送用のFTP
  6. レンタルサーバーの契約
  7. 独自ドメインの契約

 

面白いこと

ある程度覚えてくるといろいろ見えてくる 分析できるんだ

驚くほど細かな分析ツールGoogleから提供されていることを知った。

しかも無料で。

f:id:ptgj:20190101124423j:plain

利用者に関する分析だ 

どんなワードを入力したのか?(焼き芋 甘い)

どの地域から検索されたのか?(Shinjuku,Nishinomiya)

時間帯別のユーザー数推移。。。(16時 2 17時 3 )

 

 

お互いに得意なことがお互いの苦手の部分を埋める関係になれたら

素敵だなと思っている。

焼き芋🍠LINEグループ 3回目の食レポです

焼き芋🍠LINEグループ 

食レポをお願いして3回目になります。

回数を重ねておもしろいことが分かってきました。

味の好みって みんな違う それも かなり違いますね。

 


  

調理日 12月21日

品種 紅はるか(ねっとり系 5kg)

   シルクスイート(しっとり系 5kg)

温度 170℃~220℃

時間 100分~110分

 

紅はるか

f:id:ptgj:20181223211157j:plain

 

食レポのモニターさん 6名 


 

ふじさん

中心のムラ?が今回少なくほぼ全体が濃い黄色でしっとり。

若干ねっとり感も感じられた。

今回は甘味が強い(あっさりの甘さではなく私には十分満足な甘さ)

おいしくて子供にあげずに半分食べちゃいました。

ホクホク系だと胸やけしちゃって後で後悔

シルクスイートは半分食べても胸やけしませんでした

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20181229215433j:plain

 

  紅はるか

*冷たい方が甘味を強く感じる。
*温めた方はとろける口当たりで滑らか。
*甘味が強くて芋ようかんみたい(スイーツのよう)
*温めた方が焼き芋の香りはたつかな…

 

やはり紅はるかの甘味は我が家には強いようで、

次男は一切れで「もう十分」だそうです💦

 

食べ比べで私も今回は温かいのと冷たいのと一切れずつ食べましたが、

それで十分満足出来るくらいでした。

いっぱいは食べられないかな〰ちょっとで満足できるから、

食べ過ぎ予防になっていいかもしれないけど😅
母は「すごい!スイーツみたい!」とベタ褒めでした。
今回の焼き芋は、シルクスイートも紅はるかも、

気持ちが入っていたのと熟成したせいか、

どちらも甘味が強くなっていて美味しかったです

 

 紅はるか

f:id:ptgj:20181229214321j:plain

  


 

うめちゃんさん

冷たいやつと温めたやつで分けて食べてみた。シルクスイートは温めた方がおいしい 紅はるかは冷たいほうが好き。シルクスイート紅はるかよりおなかにたまりやすい ただ 甘味があっさりしているのでおなかいっぱいでも食べられちゃう。

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20181226223656j:plain

 

紅はるかは温めると先端と真ん中のほうで味が変わる。先端はこれでもかってくらい甘い上に紅はるかのねっとりした特徴が加わり、小学生の弟は苦手だと言ってた。私は甘ったるい大好きなので先端もおいしかった。紅はるかはおなかがいっぱいの時は少しキツイかな食べきれない。

 

紅はるか

f:id:ptgj:20181226223825j:plain

 

 


 

わたさん

 

一緒に食べると味の違いわかりやすいですがどっちもめちゃくちゃ美味しかった

紅はるかの方が甘味が強くてねっとりというよりトロトロ?で飲み物感覚で食べた

シルクスイートはほかのお芋のいいところ取りみたい 食感も甘味もバランスのとれた味と感じた おばあちゃんはシルクスイート派 母は紅はるか派です

f:id:ptgj:20181226223915j:plain

 

 


 

なかさん

 今回は、前回のシルクスイートと全く別物に感じた

焦げもなく見て目もよくて 同じものなのと思った

 

冷たい方は 前回と違い甘味が増してしっとりしていた

温めた方は 舌触りがなめらかであっさり

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20181226224052j:plain

 

温かい方は 水分 蜜があふれ出し食べやすくて感動

シルクスイートと比べて紅はるかは凄く甘くて後味が残る

冷たい方は 温めた方より更に引き立って ねっとりしている

 

小学生の娘は紅はるかの温めた方が好み

息子は紅はるかの冷たいのが好み

私はシルクスイートが好みです

 

紅はるか

f:id:ptgj:20181229213855j:plain

 

   


 

たかさん

 

前回の感想と同じになりますが、甘さが強く、ねっとりとしていて、他のおいもに比べて香りも強い気がしました
 
「なめらか」という言葉がピッタリな気がします!紅あずまと紅あずまの中間くらいの甘さとしっとり加減で、紅はるかと比べるとシルクスイートのほうが好みでした
今回もとっても美味しかったです!

手前:シルクスイート    奥:紅はるか

f:id:ptgj:20181226223326j:plain

 

 


 
おおさん
 
紅はるかは甘党な私にピッタリな焼きいもでした!
冷たいと更に甘味が強くて甘すぎるくらいになっちゃうので、あたたかいのがちょうどいいです。
 
甘さは紅はるかと比べると控えめですが、食感がすごく好きです。
滑らかで上品な感じがして美味しかったです。

 


 

まとめ

自分はずっと 焼き芋は甘ければ甘いほど良いと思ってました おそらく多くの焼き芋屋さんもそう思っているんじゃないでしょうか でも 食レポで知った 甘過ぎてちょっと苦手って人がいる そのことが分かったのは今回の成果。

今まで内緒にしてたけど 昨年実績で甘さだけ追及すると糖度70自己最高。それ以上もいきそう でも測定方法がわからないのです水分量がどんどん減って 甘さが煮詰まるようなイメージと言えば伝わるかも。最後は蜜がカルメ焼きみたいになってさらに黒い炭になっておしまい。だから途中から甘さが測れない。

 

焼き芋らしい焼き芋

甘くなればなるほど食感風味落ちる 甘さ風味トレードオフの関係(あちらを立てれば こちらが立たぬ)になっていると気づいた それじゃあ その辺のバランスをどこに置けば良いのだろう?

答えは一つじゃない 人によって好みが違うから 甘くしようすればするほど柔らかくなり 歯ごたえが無くなる 最後はジャムのようにドロッとなる。

焼き芋ある程度の硬さが無いと焼き芋らしくないと僕は思う。

 

 AAA「虹」聞きながら書きました。ポジティブなフレーズがいい。

 

 

 

 

焼き芋🍠LINEグループ 2回目の食レポです

焼き芋🍠LINEグループ 

食レポをお願いして2回目になります。

今回は焼いている途中に集中力がプツンとなって気持ちが遠くに行ってしまい

お芋を焦がしてしまいました。  


 調理日 12月9日

品種 紅はるか(ねっとり系)

   シルクスイート(しっとり系)

   紅あずま(ホクホク系)

温度 180℃~200℃

時間 100分

f:id:ptgj:20181229220729j:plain

 

食レポのモニターさん 4名 


  

シルクスイート なかさん

しっとりしていて、後味があっさりでなめらか
口当たりが良い! 前回の紅はるかのが好みでした😊
前回は皮まで美味しく頂いたのですが、今回は皮の苦味があり、
焦げもあり食べたくても食べれなかったので、ちょっと残念でした。

f:id:ptgj:20181229223406j:plain

   


 

紅はるか おおさん

冷たいのとあったかいの両方食べてみました
ほんとに蜜の量が半端なかったです
こんだけ甘いともうスイーツですね
冷たいほうが更に甘味が強く感じました

今回は1本ペロリと食べちゃいました
甘党の私好みの焼き芋でした♡

紅はるか

f:id:ptgj:20181229224335j:plain

  


 

 紅はるか たかさん

まず冷めた状態のおいもを触った時の柔らかさにビックリしました!
ねっとりとした口当たりで、紅あずまと比べると、格段に柔らかくて蜜の量が多く、甘さもしっかりとあり、やきいもの甘い香りも一層強く感じました。今回のおいもは甘味が強いので、デザート感覚でホットカフェオレと一緒にいただいたのですが個人的にはおいもにはお茶のほうが合うな~と思いました。紅あずまとはまた違った良さがあるおいもでした!とても美味しかったです!!

 紅はるか

f:id:ptgj:20181229225541j:plain

  


 

 シルクスイート ふじさん

紅はるかのような蜜が入ってる ような濃い甘さはなく、あっさりとした甘さ。ねっとりでもなく、しっとりした口当たり。家族が多いので一人1/5ずつの味見でしたが、これならもっと食べたい~⤴あと、しっぽの部分でも、繊維がなくてどこを食べても美味しいお芋という印象です​。

 シルクスイート

f:id:ptgj:20181229215327j:plain

    


 紅あずま

紅あずまはうまく焼けませんでした

食レポ 届きませんでした

気を使わせてしまいましたね 

年明けに 挽回しますんで まかせてください 

  

 紅あずま


 

まとめ

今回は集中力が途切れてしまい反省。集中できないってこんな感じなんだってよくわかったので次回からは大丈夫。いつもなら、お芋のすぐ近くで様子を見ながら、熱の伝わり状態、触った時の弾力、お芋からの蒸気の噴出や音、温度計、経過時間、表面の焦げ具合など細かく見る。位置を変えたり回転させたり、美味しくなあれって語りかけたり、忙しいはずなのに。

でも、今回は暇だった。行ったことも無い遠い高原の風景をぼ~と考えたり、目の前のお芋さんをぼんやり眺めていたり、夢うつつでした。モニターをお願いしているのにいけませんね。そん時の情動記憶残ってるんで、ああなればこうなるがトレースできる。だから次回は大丈夫です。今、AAA「笑顔のループ」聞きながら書いてます、焼き芋って人を笑顔にするって実感しているので、笑顔のループで明るくしたいんです。

次回は笑顔で よしいこう。