トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

いも吉さんへ 鉾田に行ってきました

事前に約束して鉾田に行ってきました。

 

目的は

鬼ちゃんマークさつまいも仕入れと それをいも吉さんへ報告する事。

ホームページの修正のフィーリングをつかむ事。です

f:id:ptgj:20181128184831j:plain

 

さつまいも畑の収穫はすべて終わり きれいになってました。

f:id:ptgj:20181128184112j:plain

 

この日は 収穫完了のお祝いで鬼澤家の皆様が大勢集まって焼肉屋さんで食事会が開かれる日でした。その席に自分も特別にご招待していただきました。感激しました。

 

いも吉さん 見てますか~

鬼澤さんに会ってきましたよ~。

今日のブログは 全部 いも吉さんへのメッセージです。

もし見てたら Cメール 送信して欲しいです! 見たよって

 

いも吉さんが懇願していた 紅あずまシルクスイート は

鬼澤さん 今年たくさん作って 定温熟成倉庫に入ってました。 

 

他の人は 紅あずま みんなボロだったて言ってるけど

うちの紅あずまは最高の出来だ。

とおっしゃってました。

  

鬼澤さんは、誰か周りの人に紹介したくなるものをもってますよね。

相変わらず なんかすごいパワーを感じました。。。

最近どこかのテレビの取材もあったったそうです。。。

 

俺のところは落花生を植えていい畑に仕上げて植えたから

センチュウなんか出ないんだよ

でも2年でまわすよ 3年やったらダメ

今年の夏は雨が少なかったですが...

雨が多くても 少なくても状態だめ 中が白くなる

そこを調整してくれるのが堆肥なんですよ

熟成堆肥をどこまで入れるかは経験

 

昔、大失敗した経験がある俺だから

ここが限界ってところを分かってんだよ。

そこのぎりぎりがわかってねぇとだめなんだよね。

大失敗の時は子供がまだ小さかったからなんとか暮らせた

そんな時があたんだよ。

 

おれの稼ぎなんか 外国人研修生より低いぜ

仕事やってる時間から考えたらよ

ずーーっと 堆肥作ったり 土反転させたり

休みなしだから 機械は高いし大変だよ

 

今年は 堆肥の匂いが違うんだよね 

2年寝かしてたけど まだ駄目なんだ

だから決めたんだよ 今回は 3年寝かすって。

寝かすって言ったって この時期は毎週切り替えしやってっから

堆肥の手間は 相当なもんだよ

 

堆肥はわかってくれる人いないね

こんだけやってる人は まずいない

きちんと作って土の菌が良ければ ボロなんか出ないんだよ

  

いも吉さんは

お客さん一番人気品種紅はるかだけど、

ホクホク紅あずまが食べたい

しっとりのシルクスイートが食べたい、ってお客さんが

一定数 いらっしゃるので この三点セットが

無いとダメなんです! ってよくおっしゃってました。

 

いも吉さんは鬼澤さんのさつまいもにほれ込んでましたね。

流通でいくらでもさつまいもは手に入るけど

鬼澤さんのおいもじゃないとダメなんです!って

力を込めて話されてましたね。

 

仕入れに行くたびに、お願いしたと聞いてました。

紅あずまを作ってくださいって。

 

最初は、鬼澤さんに 焼き芋屋さんの気持ちが まだ伝わらないですよ

なんで紅あずま作ってくれないのかって おっしゃってましたね。

 

今回、お話を聞いてみて 少しだけ分かりました。

鬼澤さんは 土の中にいる目に見えない菌の状態を見ていて

次に何を植えるかとか

3年に一度土はプラウで反転させたりとか

やる事や考える事が相当いっぱいあるようです。

単純に植える苗を変えるだけじゃないとわかりました。

 

プラウって何んですか?

う~ 知らないよね じゃあ 見せるよ

これだよ

f:id:ptgj:20181129055250j:plain

作業途中で故障して 修理屋も三連休で休みだって。。。
どうしようもない

 

鬼澤さんの話では畑によっても さつまいもの状態が全然違うらしい。

今回 私が仕入れさせていただいたさつまいもはその中でも 一番のよい状態のおいもです。出しにくい場所に保管してあるのでフォークリフトを使ってわざわざ取り出してくださりました。

 

その時の写真です

定温熟成倉庫の 最上段からの取り出し。

f:id:ptgj:20181128184324j:plain

 

 取り出し完了し扉を閉めるているところ

f:id:ptgj:20181128212732j:plain

 

今回はの仕入れは合計4箱

紅はるか 2箱

紅あずま 1箱

シルクスイート 1箱 です

f:id:ptgj:20181128194213j:plain

 

このお芋は 近いうちに 試し焼きする予定です

鬼澤さんの奥様からも 最初の状態とか その後の状態とか

今年のお芋の状態を、教えて欲しいと言われてますので

ブログで状態をお知らせしますね。

写真を見れば おおよそそ見当はつくと思います。不定期になりますが 楽しみに待っていてください。ただ、自分は写真撮影がヘタなので、問題ですね。

 

あと、大社長が松の木を剪定していて 下から見上げると葉の隙間から青空がいい感じに見えて 庭がすばらしかったんですが 写真撮るの忘れてしまいました。

紹介できなくて ちょっと残念です。

 

自分にはもう何人かお客さんがいて 焼き芋の問い合わせが数件ありました。

年明けからですとお伝えしています。焼き芋の焼き方 保存の仕方 お客さんとの接し方など いも吉さんに教えていただいたおかげだと思っています。ありがとうございます。

  

写真撮影食レポ

そういえば 最近 若い女性がスマホでスイーツの写真を撮る風景をテレビでよく見ますよね。今 ひらめいちゃいました!

 

職場の女性陣に焼き芋を差し入れ 写真撮影と食レポをお願いするという方法です。

時期によって お芋の状態が どう変化するのか みなさん知らないと思うので 新鮮な目線で 写真と正直なコメントをお願いするんです。

自分が撮る写真や書くコメントより 伝わるものがあると思います。

 

ちょっと 勇気がいりますが  受け入れてもらえたら 面白そうですね。

職場には10~20代のお嬢さんと 子育て中のお母さんがいます。

おそらく焼き芋に関心はあるハズです お願いできないかなぁ。

 

会社に行ったら 聞いてみます。

ちょっと勇気がいるけど 周りの人に食べてもらって

好みの味かどうかを意見を聞くのは重要だと思う。

交渉してみます。

 

うまくいったら 写真UPします iPadで見てくださいね。

こっちは 相変わらずのんきにやってます。

 

ホームページのフィーリング

ホームページに関しては、簡単に更新できるようCMSにしていたけど、ここ1年運用した限りでは更新を依頼されることも無かった。こまめに訂正するニーズが無いのでCMSはやめてもっと軽くしてコンテンツを充実させた方がよいと感じた。

この日LINE交換したので こまめに画像やテキストのやりとりができる環境はできた。

 

2ハゼの音で迷ってしまった

今日の焙煎豆は3種類

キリマンジャロAA

モカシダモG4

イルガチェフェ

 

同じ温度で焙煎したけど その出来は豆によってかなり違った。

キリマンジャロAAは狙い通りにいったが

モカシダモG4イルガチェフェはいまいちだ。

 

今回の焙煎は集中して止めるタイミングを図ったんだけど

ハゼる音が長すぎて取り出しのタイミングで迷ってしまい

狙いよりも若干深くなった。

 

なんでだろう?と豆をよく見た

今回のキリマンジャロAAは粒の大きさと色が比較的均一。

一方、モカシダモG4イルガチェフェ

よ~く見ると

明らかに品質が違う(悪い)

粒度の分布色のバラツキ、この二つか全然違う

おそらくこれらのばらつきが大きいので

ハゼる音が長くて安定しなかったのではないかと思う。

同じ種類の豆でも粒度がバラバラのものがあるのでふるいで選別してみたいと思った。量がいっぱい必要になるけど。

f:id:ptgj:20181117140849j:plain

 

容器のふたに豆の名前と焙煎日も表示した。いい道具があるので。

f:id:ptgj:20181117140922j:plain

この表示にはブラザーのラベルプリンターを使っている。

なかなか使う機会無かったのでちょうどよかった。

f:id:ptgj:20181117145710j:plain

ブラザーさんのラベルプリンターの良いところは、印刷プログラムを簡単に開発するためのコンポーネントが提供されていることです。

独自のアプリケーション画面で印刷ボタンを押したときに、適切なフォーマットで即座にラベル印刷できると非常に快適です。

しかしそれを実現するにはとても高度で複雑なプログラムを開発しなければなりません。トントコおやじにはそんな難しい知識は無いので普通なら実現できないんです。

 

でもブラザーさんは独自のアプリケーションから使えるように
Windows 向けアプリケーション開発ツール:b-PAC
モバイル端末向けアプリケーション開発ツール:モバイルSDK
を提供してくれているんです。そこがすごいくてエライとこで魅力的です。

それを知ったのでファールメーカーからワンプッシュで印刷をさせたくてこのラベルプリンターを購入しました。

可能性を確かめたくて、食品表示ラベルや価格表示ラベルに利用したらおもしろいかなと考えてました。

芋掘り大会

芋掘り大会のカメラマンを引き受けることになり

写真を撮影しました。

 

大きな芋には ビッグ賞

たくさんの芋には すずなり賞

がかかっていたので皆さん真剣です。

f:id:ptgj:20181111131846j:plain

f:id:ptgj:20181111125632j:plain

 

さつまいもつるでつながっています。

f:id:ptgj:20181111133758j:plain

 

たくさんつながっていれば すずなり賞

f:id:ptgj:20181111131706j:plain

 

すずなり賞 おめでとう

f:id:ptgj:20181111132109j:plain

 

大きな芋には ビッグ賞

f:id:ptgj:20181111133255j:plain

f:id:ptgj:20181111211349j:plain

 

ビッグ賞 おめでとう

f:id:ptgj:20181111133348j:plain

 

子供たち全員に参加賞もありました

f:id:ptgj:20181111133447j:plain

 

焼き芋いもけんぴも配られました。

f:id:ptgj:20181111131536j:plain

f:id:ptgj:20181111131255j:plain

 

焼き芋は朝早くから焼いてました。

f:id:ptgj:20181111131219j:plain

 

ホクホクの焼き芋

f:id:ptgj:20181111131024j:plain

 

甘い いもけんぴ

f:id:ptgj:20181111185532j:plain

 

主催者は来年もやる予定とハリキッテました。

来年もっと多くの人が来てくれるとよいですね。

 

参加費用は無料でした。

焼き芋屋さんのPRということで。。。

壺焼いも のぐち

 

秋はりんごが美味しい

美味しい りんごはちょっと違う。

 

トントコおやじのお気に入りのりんご屋さんの畑はこれだ!

待ち時間があったので お願いして畑の写真を撮らせていただいた。

 

品種はサンフジ

袋掛けしない日光を当てて育てたりんごにはサンが付くそうだ。

f:id:ptgj:20181110161255j:plain

前回伺ったときは ゆっくり話す時間があったので

りんごの木の話をいろいろお聞きした。

 

おいしいりんごを作るにどんなご苦労があるのか

聞いてみた。(^_-)-☆

 

作り方は、夫が研究熱心な人だったので全国あちこち行って勉強してきたと、特に青森の農家さんにお世話になったそうだ。

リンゴは枝の剪定がとても重要(実をどうつけて、光をどう当てるか計算してる)

土の管理も重要(専門の会社で分析して何が多い何が少ないを常に把握している)

畑を見れば分かる人にはわかるはずだと笑っていた。何が?って聞くと

葉っぱの厚み畑の柔らかさ加減、足元に生やしている草の種類や状態、だいたいそのへんでこの畑の状態が良いとわかりますって。リンゴを切って蜜の入り具合を見たり糖度を測ったり県の職員の方と他のリンゴ農家の方の畑を全部で回って勉強会も定期的にしてるんですよ。

糖度測ったら順番がついちゃいますねっていうと、

去年は一番でしたって。(#^.^#)

 

この日 お店は 三人で対応していたが 袋詰めが間に合わなくて

テーブルの上は箱に入った見本のリンゴだけになっていた。

だから世間話しは何もできませんでした。

 

NHKでも紹介されたことのある農家さんなので遠くからのお客さんも多い。 

一番小さいもので1個150円位、大きいもので1個400円位だ。

f:id:ptgj:20181110161532j:plain

畑のお店は 今年は11月25日まで。

そのあとは自宅で営業するそうだ。 

 

 

2ハゼの音が気持ちよくてちょっとやりすぎた

天気が良いのでコーヒーの焙煎を2種類やった。

 

毎回、ちょっとづつ条件を変えてやっている。

前回の温度は 今までで一番良かったんだけど

あえて今回は前回よりも ちょとだけ高い温度でやってみた。

 

2ハゼのピーク手前で止めたつもりだったが

2ハゼの軽い音が とても気持ちよくて 

ちょっとやりすぎた

あとほんの少し 早く出したほうがよかったようだ。

限度見本も今回見ないでやっちゃったし。ドボン!

f:id:ptgj:20181110094322j:plain

次回は元に戻そう。

 

FileMaker カンファレンス 2018 行ってきた

ファイルメーカーカンファレンスが今年も開催された。

2日目に様子を見に行った。

 

ファイルメーカーとは

業務用カスタムアプリの開発や活用を行うためのプラットフォームになるデータベースソフトでパソコンだけでなくiPhoneiPadを使って外出先からでも使えることができる優れものだ。個人でも簡単に扱えるのがスゴイところです。

f:id:ptgj:20181110072310j:plain

 

会場は今までで一番良かった。

何と、虎ノ門ヒルズ森タワー

建物も、部屋も、トイレも、スクリーンの映りも、ぜーんぶ綺麗

天井も高くて、音響機器も聞き取りやすい。

スタッフの方も数が多くて、誘導もテキパキ。

f:id:ptgj:20181110072948j:plain

年々 スゴクなっている。 

 

受付も簡単で

事前にイベントレジストに登録。

f:id:ptgj:20181110075211j:plain

メールで送られて来たQRコード付きチケットをプリントアウト。

当日、印刷したA4チケットをプリントアウトして持参。

 

受付で ピッとQRコードを読んで受付終了。

 

四つに折ってホルダーに入れてはいどうぞ!

(人が集まるイベントでは便利な機能ですね)

f:id:ptgj:20181110071716j:plain

 

事前に無料登録すると

お弁当の出るランチョンセミナーや

おやつの出るスーツセミナーも参加できた。

 

事前登録者のみこのQRコードで確認して受け取る 

このイベント管理用システムは便利そうだ

ファイルメーカーとは関係ない会社だけど。

 

実際のセッションの内容は

とても便利そうなシステムの紹介や新たなバージョンの新機能の紹介など

もりだくさんだった。

 

一番大きなセッション会場では

YouTubeでLIVE配信していた。

会場に来なくても見れるようになっているので

現場の臨場感は伝わらなくても 内容は理解できそうだ。

便利な時代になったもんだ。

 

良くない点

先に良くない点と言うか なんだかなぁ と思うことを一言

しょうがない と言えば しょうがない部分だけど。。。

 

システム開発を行っているベンダーと呼ばれる

会社の方がお弁当代まで費用を負担して

スピーカーとして講演しているようなので

 

最初の会社紹介自己紹介が 長~~い

 

自慢話しというか

会社自慢、トロフィー自慢、プラチナ自慢

ほぼ5分以上、多いところは10分近く行っていたように感じたので。。。

 

必要があれば、開発したベンダーさんのホームページとか

確認すると思うし。。。

 

その分、システムの紹介とか技の紹介を多くしてくれたほうがよかった。

感心があるのは発表の内容なので、

いきなり何分も自慢話しされましても・・・

 

サラリ流した方カッコ良かったと思います。。。

(ただめし食べて こんなこと言ってすみません)

 

 

 

良かった点は。

人間くさい問題から

物の流れ、情報の流れ、お金の流れなど

どこの会社でも発生しそうな問題解決の手段として

このファイルメーカーが活躍していると

システム開発の経過を聞くことで理解できたこと。

  1. どんな問題を解決しようとしていたか。
  2. どんな障害があったのか。
  3. どうやって乗り越えたのか。
  4. その操作がなぜやりたかったのか。
  5. どんな方法でその操作を実現したのか。
  6. 社員に激しく反発されてどう対応したか
  7. どんな方法で遠方の営業所や工場から改善の意見を集めたか
  8. 使う人がどう便利になったのか。等

 

小回りの利く小さな事業所とか限定グループで始めたら

すぐに効果が確認できると思う。

 

 興味がある方がいるかも知れないので

下にリンク貼っておきますね。
www.filemaker.com

 

さんま箱をスーパーでもらって 花台作ってのせてみた

コーヒーの木を植木鉢に入れて育てている。

 

寒くなって枯れると困るので暖かくなるよう

下に発泡スチロール敷きたいねって話になった。

 

発泡スチロールと言えば スーパーの魚屋さんにいっぱいあるハズ。

よし スーパーに行って相談してみよう と思いつき。。。

 

近所の大型スーパーに行った。

 

トントコおやじは学生時代にジャスコの精肉部門でバイトした経験がある。お隣が鮮魚部門で発泡スチロールのゴミが毎日大量に出ていた。そのへんの事情は何年経ってもいっしょだろうなと思ったのだった。

 

お魚コーナーにいくと 生のさんまが発泡スチロールの青い蒸着フィルムの袋に入ってたくさん並んでいた。

青い蒸着フィルムの袋に入った生のさんま

この売り方はとてもおいしそうに見える。

でも今日はさんまは買わない。

のんびり焼いている暇は無いので。

 

今日はさんま箱にだけ用事があるから。

どれどれ、

うん ちょうど欲しい大きさだ。

 

店員さん発見。

忙しそうなのでちょっと様子見。

タイミングって重要だと思っているので。。。

 

今だ! 声をかけた。

真剣に話せば、通じる事もある。

その程度の気持ちでイイ。

 

行き当たりばったりでてきとうに見えてもいつも一点集中

 

さんまが入っている発泡スチロールを2個分けてほしいと。

と伝えた。

一瞬驚いた表情を見せた。

 

伝えて 反応を待つ。

 

ビニールとか汚れとか あるんですけど。。。

申し訳なさそうな 言葉が返ってきた。

 

 汚れとか そのままで 全然OKです ビニールとかそのままでも。。。

 

店員さんは いいですよっ て明るく対応してれた 

いい人だ!  良かったね。

 

店員さんが奥に入り 数分後...

青い蒸着フィルムの入ったさんま箱を2個持ってきてくれた。

鮮魚部門のこの社員さんはフットワーク軽い

イイ表情サクサク動ける人に関わると 気持ちイイ

通常外の業務が発生した時に、自分の判断でサクサク動ける人はイイ。

 

仕事のモチベーションって、何をするかより、

誰とするかが重要だと思っているので。。。

仕事はこういう人としたい。

この店員さん、このままの感じで出世して欲しいっすね。

年取ってもね。

 

以前、ケーズデンキに冷蔵庫用の大きなダンボール箱

もらった時の事を急に思い出した。

あの時も店員さんサクサク対応してくれたっけ。インカム使って。

どっちも苫米地先生の言う

気持ちよかった事の情動記憶の一つに追加しておこう。

 

 

 

さて、必要な材料はそろった。

さんま箱を車に乗せて 帰ることに。。。

 

途中、かなり車の中が魚のニオイが充満してきた。

空箱でも さんまは ニオイのパワーが強い。

車の中が臭~い。ヤバイよ ヤバイよ。。。

家に着くなり

荷台に敷いたブルーシートごとさんま箱を下ろした。

 

ここからが大変。

ぜーんぶ 洗剤でゴシゴシ洗って ニオイを落とした。

30分以上 ゴシゴシやった。

f:id:ptgj:20181104063618j:plain

さんま箱には新鮮に美味しく見せる袋内面の青色の袋がついている。銀色の蒸着フィルムを使用している。水が漏れない丈夫なフィルムなので何かに使えそうな気がしたが洗ってニオイを落とすのは無理そうだ。

   

f:id:ptgj:20181104084809j:plain

 

ここからが本番 

発泡スチロールは工作の材料調達

 

次はこの発泡スチロールを置く花台の製作

 

ギコギコ ちょうど合うサイズに材木を ノコギリで切って

電動ドライバーひゅーんダダダとビス止めしたら

花台の組み立て完了

 

よしできた! 

さんま箱を上下にのせて ぴったりサイズ。

植木鉢をのせてみた。

f:id:ptgj:20181104125622j:plain

これでコーヒーの木 寒くないかな 。

 

キャスターも付いているので移動も楽チンだ。