トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

「焼き芋 愉快だ 宇都宮」のぼり旗完成!

やっとオリジナルのぼり旗が完成しました。

うーん とても良く目立ちます。

 

早速、3人の焼き芋屋さんに届けました。

f:id:ptgj:20171207074005j:image

上段  氷室グリーンガーデンさん

左下  焼き芋のぐちさん(宇都宮ろまんちっく村のイベント)

右下  焼き芋専門店 いも吉さん

 みなさんとても喜んで下さいました。

 

なかなかお会いできない焼き芋屋さんもいるので

徐々に広めていきたいな。

 

 

 

コーヒー豆の袋がうれしい

欲しかったコーヒー豆の麻袋が手に入った。

コーヒー豆を買いに行ったら、店先でいろいろな袋を販売してました。

 

ぐるぐる巻きだったので、どの豆の袋か分からない状態だったけど、

買ってみたら、一番欲しかったエメラルドマウンテンの袋だった。

 

わーい

f:id:ptgj:20171130054212j:plain

 

コーヒー豆も

コロンビア産のエメラルドマウンテンを買ってきた。

f:id:ptgj:20171130054009j:plain

 

今月はこの豆が割引き商品だったのでたくさん買いました。

今月だけで1.5kg。

トントコおやじのおこずかいで買える範囲のコーヒー豆で

香りが良くて、見た目が良い(欠点豆が少ない)のがこの豆でした。

 

 

初めて「のぼり旗」を注文した

やきいも用に「のぼり旗」を作ることにした。

どうしても自分がデザインした「のぼり旗」が欲しくて。

 

依頼先の選定は、近くに実店舗がある会社をネットで探しました。

すると小山市ショールームのあるバンテックという会社さんがありました。

 

ここです

www.bantec.co.jp

 

さっそくデザインのイメージを決めて、メールで見積もりを依頼。

 

すると翌日、見積もりが届きました。

しかし、2~3枚の数では、1枚当たりの単価がとても高かった。

 

えーい 10枚作ることにした。

 

 

注文後にデザインを送付。

すると二日後に 3つの確認画像が届いた。

 

やっぱりプロは違う。よく目立つし自然な感じがする。

直感で2番に決めた。

 

f:id:ptgj:20171129202306j:plain

 

10枚も作ってどうしようとも思ったが、宇都宮やきいもマップでお仲間になった方が5名いるので1枚づつ配れば5枚になるし、これからもっとメンバーが増えるかも知れない。10枚手配してもいいかなぁと思った次第です。

 

焼き芋に最適な「鬼ちゃんマークのさつまいも」ホームページ作ったど~

トントコおやじの焼き芋は、鉾田産さつまいもを使用しています。

鉾田市さつまいも農家から直接購入させていただいています。

 

鉾田市日本でもトップクラスのさつまいもの名産地です。

市町村別の産出額ではなんと鉾田市日本一だそうです。

 

鉾田市は広く、さつまいも農家はたくさんあります。

その中で「鬼ちゃんマークのさつまいも」を使っています。

 生産者は鬼澤俊行さんです。

f:id:ptgj:20171029210545j:plain

 

宇都宮に住むトントコおやじが、隣の県の紹介をするのも変かもしれませんが

このお芋は、別格です。間違いない!

 

もし、焼き芋屋さんで良い芋仕入れたいと探している方は

一度遊びに行ってみると良いです。(事前連絡をしてからね)

 

でも、生産者の鬼澤さんがどんな人なのか、わからないと不安ですよね。

そこで、トントコおやじがホームページを作って紹介したらどうか?とひらめいて。

 

鬼澤さんに提案しました。

自分以外にも鬼ちゃんマークのさつまいもを買いたいと思う人がいっぱいいると思うので、ホームページを作ってみませんか?と提案したのです。

素人なのでたいしたホームページはできないけど、ホームページがあることが重要だと思うと伝えたところ、じゃあお願いします。その場で快諾してくださりました。

 

なぜ鬼澤さんのホームページ作りにこだわったのかと言えば、鉾田の良い品質のさつまいもと、楽しい焼き芋屋さんに出会ったので、それを知らない人に教えてあげたいと思ったからです。

 

私はあと数年で定年を迎える年齢です。

自分の好きなことで誰かの役に立つことが出来ればいいな。とか

焼き芋を通して愉快になれたらいいな。と思った。

というのでが正直な気持ちです。

三方良しになれば嬉しいです。(売り手良し、買い手良し、世間良し)

 

ホームページ名は「さつまいも鬼澤」です。

 

今年の初めから、時々鉾田に足を運んで写真をとったり、お話を聞いたりしてきました。そしてやっと、出来ました。

 

下のリンク先をぜひ見てください。

seven.chips.jp

まだまだ修正するところがいっぱいありますが、

場所や連絡先、さつまいもへのこだわりなどある程度わかると思います。

  

 

 

 

やきいもイベントのチラシ完成

やきいもイベント宣伝するために、チラシを作りました。

自分でデザインし1,500枚プリント。

 

そして、

目立つように、拡大コピーして、

高校の正門の前に貼りました。

 

真ん中にポケットを付けて、中にチラシを5枚入れて完了!

f:id:ptgj:20171128200819p:plain

 

 

場所は宇都宮清陵高校の前 

f:id:ptgj:20171119193420j:plain

 

自動販売機横のベンチの上

f:id:ptgj:20171128200853p:plain

 

う~ん、反応が気になる。

設置後、時々、会社の帰りにチラシの減り量をチェックする日が続きました。

ワクワク

 

 

あれから、1週間

なんと! 1枚も減ってない...。

 

ちょっとだけ不安? 

 

焼き芋窯の改造と試し焼き

休日は焼き芋釜の手直しで忙しい。

隙間を塞いだり、断熱用のボードで周辺を囲ったり、熱が逃げすぎて窯の温度があまり上がらなかったからだ。

釜の温度は250度から300度くらいまで上がるようにしたい。

 

最初の日は上下の隙間をうめて220度まで上昇。

次の日は周辺を断熱ボードで囲って240度まで上昇。

今回は内部にアルミはくを貼って、周辺の囲いを二重にして275度まで上昇した。

正確には、中央部分が275度、いちばん端っこが245度あった。

f:id:ptgj:20171126192251j:plain

焼き芋釜の温度は、アナログ温度計で測定した。

この温度計はオーブン用で300度まで測れる。

 

まだまだ改良の余地はある。

次の休日に、またがんばろうと思う。

 

温度も十分に上がったところで、本日は「紅はるか」4本の試し焼きをした。

気になる焼き芋の味は、今シーズン一番の出来だった。

 

評価の厳しい家族に食べてもらっての感想は・・・、

「これ、すぐにでも売れるレベルだよ!」

 という反応だった! 

f:id:ptgj:20171126192444j:plain

嬉しいです!

 

 

焼き芋の試し焼き

中古の焼き芋釜を購入したので、試し焼きを行った。

この窯は手作りで上部の保温庫が非常に大きいのが気に入っている。元は厨房用のテーブルで、それを改造したそうだ。

改造はローソンのおでん鍋を作っている会社に依頼したので上の保温庫の部分が、おでん鍋のような感じがする。なかなかよくできている。

f:id:ptgj:20171116214447j:plain

 いくつか改良したい部分もあるので、これからじっくりと時間をかけて手直しをしていく。

f:id:ptgj:20171116214533j:plain

一番の難点は重い事、ひとりでは持ち上げられない重量だ。ゴロゴロ回転させたり、横に押して滑らせるくらいしかできない。

ひとりでも車に載せられるよう工夫しなければいけない。

 

 さっそくさつまいもを焼いてみた。

思った以上に蜜が出て。

f:id:ptgj:20171116213822j:plain

食べてみると甘い。

気になるので糖度計で測ってみた。

結果は32度。

比較のためWebで果物の糖度を知らべてみた。

メロンが13度~18度、巨峰が15度~20度って言われいるようだ。この紅はるかはそれを超えている。

まだ2週間しか経っていないのに。

さすが鉾田の鬼ちゃんマークのさつまいもだ。