読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 

豊洲をアマゾンに買ってもらったらどうか?

つぶやき

豊洲問題と森友学園の問題が連日テレビで報道されている。今朝家族でテレビを見ているときに娘が豊洲をアマゾンに買ってもらったらどうかと言い出した。

 

土壌汚染があると分かっているのに魚市場として使うのは抵抗があるだろうけど、アマゾン倉庫なら梱包した商品の保管するだけので良いのではないかという意見だった。

 

おもしろい案だと思った。

 

森友学園のように豊洲を土壌汚染状態で売却するということはできないものだろうか。

 

壺焼いものLED看板とホームページを制作

LED看板 ホームページ制作

焼いものおじさんに壺焼いものLED看板を届けに行ったら、とても喜ばれた。

いろいろ話している中で、次はホームページを作ろうということになり、トントコおやじが制作するとになった。

 

このおじさんは季節に応じていろいろなものを販売されているので、普通のホームページの形にするとメニューやページをたくさん作ることになり時間がかかるので避けたかった。

そこで、1ページだけの簡単なものを作ることにした、1ページだけで縦に長いWebページをどうやらLP(ライディングページ)と言うらしい。

焼いものおじさんとは今までの日々の会話の中でお客様との会話の内容や出来事を聞いて細かく記録していたのでコンテンツの中身には困らなかった。どう並べるかというところに工夫が必要だった。

そんなわけで、3連休を全部使ってなんとか作ることができた。気が向いた方は見てください。

 

リンク先はこちらです➡ 壺焼いも のぐち

f:id:ptgj:20170305210001j:plain

 

 

 

品川やきいもテラス で全国の焼いもを見学

やきいも 自由研究

「壺焼きいもがどんなものなのかやっとわかりました!」と話があった。

知人が夕方のテレビ番組で偶然見たという。

先日、知人に壺焼きいもについて話したことがある、この番組を見てやっと理解できたそうだ。

なんだって~ そんな報道があったんだ 気になる話しを聞いてしまったので、ネットで検索。なんだか面白そうだ。

 

トントコおやじは じっとしていられず 東京まで見に行ったのでした。

 

まずは入口でパンフレットをもらった。

f:id:ptgj:20170129163156j:plain

 

f:id:ptgj:20170129185047j:plain

 

出店カレンダー

f:id:ptgj:20170129191847j:plain

 

田舎の焼きいも屋と東京のイベントに出店する焼いも屋では何が違うのか?

混んでいるし味は想像がつくので売り方や焼き方にポイントを置いて観察してきた。

 

 エスカレーターに乗って その先に芝生の広場がある。驚いた。

f:id:ptgj:20170129202903j:plain

 

さらに 芝生の上には 野外こたつまで用意してある。もっと驚いた。

東京の人はやることが素敵!

f:id:ptgj:20170129211105j:plain

 

 

焼いも屋。と言えば軽トラで流し売りが一般的だが、ここに集まったお店は違う。

おしゃれな販売車が多い。

 

最初に気になったお店は、”芋やす” 茨城県からの参加だ。

芋は地元、ポテトかいつかの販売している紅天使。

ググってみると紅はるかのブランド商標らしい。

f:id:ptgj:20170129163517j:plain

f:id:ptgj:20170129163846j:plain

 

 

次に気になったのは壺焼きいものお店 ”倉田屋”

壺が3機 芋が5種類

安納芋、紅はるか、シルクスイート(月見苑)、なると金時(里むすめ)

紅いも(パープルスイートロード)

 

バター焼きが2種類

焼き芋ようかんバター焼、壺焼き芋バター焼

 

本日一番行列ができていた。 4人で対応

イモカー + テーブル + 練炭の壺3台 + ガスコンロ + 電気の壺

f:id:ptgj:20170129163339j:plain

後に回ると大きな壺が3つ見えた。

f:id:ptgj:20170129163419j:plain

 

福井からの参加は ”ヒゲ商店” 芋は ”とみつ金時”

アルミホイルで包んで、焼いていた。

イモカー + テーブル + 保温庫

f:id:ptgj:20170129170109j:plain

 

 イモカー + テーブル

f:id:ptgj:20170129202945j:plain

 

 イモカー + テーブル + 保温庫

f:id:ptgj:20170129203026j:plain

 

ガス焼き台 + テント

f:id:ptgj:20170129203819j:plain

 

テント + 練炭の壺 + テーブル

f:id:ptgj:20170129205257j:plain

 

焼いもは調理に1時間以上かかるので、買うにはそれなりの覚悟が必要だ。

(90分以上待っているようだ)

寒い中、売る方も、買う方も、主催者の方も 本当にご苦労様でした。

 

自分も将来、ここに出店しようと思った。(5年後まだこの企画があれば...)

今回の視察を参考に準備すべきテーマを落とし込みたい。

 

 

床屋さんの看板は難しい、思案を重ね辞退した

LED看板 世間話

今年もあとわずか。

やり残しのまま年を越したくない課題が床屋さんの看板だ。

半年以上考えたていろいろ描いてみたが納得できる看板のデザインはできなかった。

ちょっと気が重いが、床屋さんに行った。

そして正直に「いろいろ考えたけどLED看板の件は辞退します」と伝えた。

 

理由は明確だ、床屋さんの集客を向上させるような手助けは困難だと感じたからだ。

 

床屋さんには次のような話をした。

 

これまでトントコおやじが作った「石やきいも」や「壺焼いも」の看板は明らかに効果があった。

今週様子を見に行って話を聞くと、それぞれ週に100kg、80kg、の量をさばいていると話していた。店主のこだわりと情熱による成果だが、80m以上離れたところからよく見える「LED立て看板」の広告効果も大きいと思う。

そう自信をもつのにはわけがある。

日曜日の午後「壺焼いも」のお店で店主と10分くらい立ち話をし、なにげなく通過する車両の様子や来店者の様子を観察しそう確信した。

運転席が男性で、助手席に10代~60代の女性が乗っている場合は、ほとんどすべての人が通過する瞬間、こっちを見ている。

お店側に座ってみると意外と外からの視線を感じる。注目を浴びていると感じた。

 

この行動を分析すると、

  1. お店に近づくちょと前に「LED立て看板」に気付く。
  2. あれなんだ?と感じる。
  3. 見てみようという興味のスイッチが入る。
  4. 確認のため通過する瞬間には顔が真正面にある。
  5. 視線を感じる。

たぶんこんな状態がになっているのだと思う。

こんな話しを床屋さんでしたのでした。

 

すると、床屋さんから意外な話があった。

おれも「焼いも」やりたい。

道具もないし焼き方もわからないので教えてほしい。

ここで、やってみたい。

 

床屋さんの立地は国道から工業団地に通じる近道なので夕方の交通量は多いし、駐車場もある。申し分のない場所なのでやる気があればいけそうな気がしますね。

協力は惜しみません。この場所でやるなら「壺焼いも」がいいと伝え、道具や焼き方についての会話になった。

すると、最後に携帯電話の番号を教えてください。と言って来た。

もちろん伝えました。

 

道具が準備できたら電話しますので・・・。

大将のスイッチが入ったようだ。

 

思わぬ展開になり、トントコおやじもびっくり。

どうなるかわからないけど、来年の楽しみが増えた。

 

やるにしても、大将には元気なお父さんとお母さんがいるので

大将自身が床屋さんを廃業するわけでないと思ってます。

 

 

 

ワードの差し込み印刷で大量のカンバンを発行できた

ジャストインタイム

トントコおやじの仕事は町工場で部品を洗う仕事だ。台車に載せて運ばれてきた部品を大きなカゴに入れて洗剤の入った洗浄機に沈めて超音波をかけて洗っている。

洗ったらオーブンで乾燥させ、また元の台車に戻す。これを一日中繰り返している。

 

半年ほど前トヨタのまねごとをする活動があり、台車を減らせとか流し方を変えろとか大勢のおじさんたちがうろうろしていたが結局、目立った成果もなくその後、静かな日々が続いていた。

トントコおやじはファイルメーカーProを使ったシステムを作りたいと思い、数人の上司に人に声をかけてみたがまったく良い反応が無い。前の職場でもそうだったがデーターベーで大幅に業務改善できると思っている自分と、その認識が無い人たちの間には大きな川があるようだ。

そんなことは、専門部署が考えることだとみんな思っている。なぜなら、お金もかかるし、適正価格もよく分からないし、上への説明は面倒だし、失敗もしたくない。何もしなければ、失敗も無いのでそのほうがそれぞれの立場の人にとっても都合がいい。

そりゃそうだ、これまでに専門部署が作ったシステムの失敗事例がたくさんある。使いにくく、改良もされないもの。さらに使い物にならず導入前に消えていったものもある。こんな歴史を知っていれば、そんなところに頭を突っ込みたくないと思うのはもっともだ。

 

でも俺は違う、自分たちが使いやすい道具を他の職場の人が理解して実現してくれるハズは無いと思っているから。自分で作りたい。大きな川でも踏み石がいっぱいあれば渡れるはずだ。ピョン、ピョン、ピョンと。

そこで踏み石に相当するものを作るために絵を書くことにした。

 

これまでの上司との話を総合すると、今の状態でデーターベースやサーバーなどにお金をかける気は無いようだ。

じゃ もういいや、知らないよ と思って私の思考は停止していた。

 

ところが先週、ある上司からメールが届いた。

「台車の流し方や、組み立て手順、を変えることでリードタイムが短くなるはず。」

「なんとかしろと指示がおりてきた。」

「みなさん困ってます。ああでもない、こうでもない、という話し合いをやりたい。」

「案を考えて欲しい。」

 

一番目の問題は、必要な台車が必要な順番に流れてこない。

 計画が分かりにくい。

 一覧表から読み取る。

 台車番号やら作業者名やら順番やら情報量が多い。

 特定の人でないと判別できな台車が多い。(わかりにくい)

 安全を見込んで早めに準備している。

 

二番目の問題は、名人にしか組立できない台車が多い。

 特定の作業者に集中し待ちが発生し台車が渋滞する。

 

 今日考えたしくみは、トランプの七並べ方式

  1. まず全部の台車に、大きなかんばんをぶら下げる。(これがトランプ)
  2. かんばんには、誰でも正しい順番が分かるような表示を工夫する。
  3. 誰でもきちんと並べたり運んだりできる。(七並べのように)
  4. 余分な台車は出てこない。

 

この仕組みの肝は、大量のカンバンを簡単に発行すること。

カンバンだけなら、ワードの差し込み印刷の機能でよいのではないかと閃いた。

エクセルをデータベースの代わりに使い、ワードを出力専用機能として使う。

エクセルとワードならどのパソコンにも入っているし、ページプリンターもつながっているのでお金がかからない。

 

ずっとデーターベースを使って計画入力からラベルプリンターでカンバン発行、実績入力や進捗表示までやろうとしていた。川を渡る踏み石としてはちょっと遠すぎると気付いたのでした。

 

今回作った内容

まずエクセルで台車のデータを登録。(サンプルデータ)

f:id:ptgj:20161211180334j:plain

 

次にワード差し込み印刷で出力 うん うまくいったぞ

f:id:ptgj:20161211180450j:plain

工夫のポイント

  1. トランプの七並べを意識して、色や柄を自在に表示できるように。
  2. いつ、誰が、使う予定なのか一転一葉でわかるように。
  3. 何百枚のカンバンでもアッという間に作成できるように。

 

 

 

 

 

 

 

車検依頼に必要な3点セットが毎回思い出せない

車が3台あるので毎年のように車検に出しているのに、毎回車検の直前になって必要書類の3点セットの3つ目が思い出せなくて、Googleのお世話になっている。

3つ目は自賠責保険証明書だった

 

よし、今回できちんと記憶しようと思った。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書

 

CPAPは扱いにくい 加湿機能が壊れて喉をいためた

つぶやき CPAP

トントコおやじは睡眠時無呼吸症と診断されもう10年以上CPAPを使っている。

手術して治ればよいがどこの医者もこのCPAPという医療機器の装着が治療法だと説明する。そもそも医者に治す意志はないと思う、なぜなら彼らにとって睡眠外来はドル箱だ。行ってみればわかるがとても混雑している。診察もちょこっと形だけだ。

私はCPAPという医療機器にちょっと不満がある。それしか無いので仕方なく我慢して使っているだけだ。真剣に考えればいくらでも改善の余地がある。

 

不満な点

1、設定条件が変えられない。

  日々人の体調は変わるので20%くらいの操作代は欲しい。

2、お金がかかる。毎月の使用料 約5,000円 他、精製水がたくさん

3、時間がかかる。毎月病院に行く義務がある。診察2分+その他2時間

        毎日のメンテナンス、5分×30日 (水交換、掃除)

4、夜中に目覚める。鼻や喉が渇き、水を飲んだり鼻をスプレーで加水している。

5、水滴が付着する構造になっている。ヒーターくらい付けてほしい。

6、加湿機能が故障したら間違いなく喉を痛めて風邪をひく。

 今まさに故障中(2週間経過)代替品も故障していて喉を痛めた。