トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

LED看板で花火大会の「かき氷屋さん」を応援する作戦。

2万発の規模の花火大会が8月13日に開催される予定です。知人が今年は「かき氷屋さん」を出店する予定と聞き得意のLED看板で応援する作戦を立てました。

 

請負費用は、¥0円。理由は全部、自分の作りたいイメージで作ってみたいから。

お金をもらってしまうと、要望を聞かなくてはならないので。。。

 

看板のイメージ

形状は、ペンギンさんの形。

文字は、「か」「き」「氷」で1文字づつ順に点灯する。

特徴1、ペンギンさんの手にはお店で使っているカップを持たせる。

特徴2、カップはイチゴシロップをかけたように見せる。

特徴3、カップにはLEDを埋め込んで点灯させる。

 

オヤジさんの皮算用を聞いてみた。

営業時間は、16時〜22時

目標販売数は、500杯

価格は、1杯 300円

販売方法

1・店主が電動かき氷機を使って400mlカップにたっぷり入れてお客様に渡す。

2・お客様は、好きなシロップを好きなだけかける。シロップかけ放題

 

シロップかけ放題の問題点

たっぷりかき氷の入ったカップは、以外とシロップが浸透しない。

例えばイチゴシロップをたっぷりかけて表面がいい感じになったのに、

カップの底まで行くと真っ白っていう場合もあります。

特にちびっ子や女性が遠慮がちにかけると最後にシロップ不足になる。

 

改善案

最初にストローを使ってグリグリと穴を開ける。

その穴の中からカップの底にドバドバとイチゴシロップを入れる。

という方法を、お客様に伝授する。

最後にドバッと表面にもイチゴシロップをかける。

 

処置

ワンポイントアドバイスを作って表示する。

具体的には、ストローで穴を開けてイチゴシロップを底に入れている絵を書いて表示する。

 

もう日にちが少ないので頑張らないと...。