トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

ファイルメーカー カンファレンス2017に行ってみた

パシフィコ横浜 会議センターで開催されているファイルメーカー カンファレンス2017に行って来た。

パンフレットの表紙には今年のテーマが書いてあった。

「つくるもの つなぐもの 自由自在」

なるほど、ファイルメーカーを使いこなせれば

自由自在に情報をつなぐことができるので、うまい表現を考えたものだと感心した。

f:id:ptgj:20171025052224j:plain

 

トントコおやじは、何年も前からこのファールメーカーproのソフトを使っている。

ただし、自由自在に作ったりつないだりできない という状態だ。

まあ それが出来ればここで発表する側にまわっているだろうけど。

 

パシフィコ横浜には初めて来た。桜木町駅の前にある地図を見て方角の見当を付けると遠くに見えるスイカを切ったような形の建物のようだ。

ずいぶん遠いと思ったが、動く歩道があってけっこう楽ちんだった。

途中、大きな帆船があって気になったが先を急いだ。

f:id:ptgj:20171025052056j:plain

 

やっと入口に到着。中の撮影は禁止でした。

f:id:ptgj:20171025051935j:plain

 

この日は開催2日目、3会場で6発表づつ、合計18の発表がありました。

その中で6つの発表を選んで聞いてきました。

 

日頃は田舎で新しい情報にあまり接することのない暮らしをしているトントコおやじは、都会でのしかも最前線で活躍している方々の発するソリューションや情報に触れてとても興奮をしました。

 

発表の中で一番印象に残ったことは、ホリプロの総務部長さんによる報告書のペーパーレス化の発表でした。馴染みのない世界の話しが聞けてためになった。

女優さんや俳優さんをうちの会社の大切な商品と言い切るところが驚いた。

 

それと、マネージャーの仕事についての説明。

マネージャーは付き人ではないと。

個性と才能のあるタレントを発掘、育成、セールスするための

とても重要な仕事をしているそうだ。

 

ペーパーレス化に関しては

現状、

マネージャーや全部の社員が毎週1回、

仕事を通じての感想やコメントを3枚複写の報告書に書いている。

もう40年以上続いているというお話しがまずあった。

 

この紙の帳票を本人、副部長、部長、役員、社長の順に回している。

それぞれがコメントを書いてから上長に回す。

最終的に、本人に戻ってくる。

 

問題点は、外出の多い仕事をしている。

長期の出張が入るとその人の机の上にどんどんたまる。

紙の束になって、処理に時間がかかる。

家に持って帰ったり、どこかで紛失したりもある。

本人に戻るまでに1〜2ヶ月かかることも多い。

数百人分の紙の報告書なので、うまく利用もされていなかった。

フィードバックが遅いので古新聞のような扱いになってしまう。

紙なのでチェックは早いが、遡って集計したり分析したりが難しい。

 

ペーパーレス化したかった背景もいろいろあった。

ノウハウをいかに残していくか。

ノウハウをいかに共有化していくか。

感じ方のキャッチボールが大切。

潜在リスクの早期発見。

現場管理職の体調管理。

 

もうすでに運用を開始していて。

実際、きちんと回っているそうだ。

例えば、来週開催されるオーディションに〇〇が参加する。

という内容の報告や相談があった時、

オーディション開催前にアドバイスが返せる。

 

紙でやっていると、時間がかかりすぎて

アドバイスが活かせない。

なるほどね〜。と感心しました。