トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

さつまいもの収穫作業は迫力がスゴい

鉾田のさつまいも農家 鬼澤さんの畑で芋掘りを見てきた。

f:id:ptgj:20171102222232j:plain

さつまいもを掘りは、大型のイモ掘りマシンを使った五人がかりの忙しい作業だ。

ガンガン掘り進む光景にはまさに圧巻だ。

f:id:ptgj:20171103003522p:plain

みるみるコンテナがさつまいもでいっぱいになる。

 

 

このイモ掘りマシンは、先端部にマルチ(黒いビニール)の巻き取り装置が付いています。コレが上手に巻き取っているので面白い。

マルチを上手に剥がしたら、

次に、金属の大きなフォーク状の歯でお芋を斜めにすくい上げる。

次に、長いベルトコンベアに載せます。

そのまま、さつまいもが土ごとドンドン上に運び出されます。

f:id:ptgj:20171102223020j:plain

ここからは人手による時間勝負!

大型のイモ掘りマシンに乗った5人が

ベルトコンベアで上がって来るお芋を素早くつかみとり。

根っこのひげとか一瞬でさばいて。

黄色いプラスチックのコンテナにどんどん詰め込んでいく。

大きなお芋も、小さなお芋も、丸いお芋も、細長いお芋も、

全て混在の状態でドンドン詰め込んでいきます。

最後に機械の後ろ側から土だけパラパラと落ちてきます。

 

f:id:ptgj:20171102224621j:plain

コンテナはすぐにお芋で満杯になるので、次々と位置を変え

満杯のコンテナと空のコンテナを取っ替え引っ換えしながら

作業が進みます。

 

1列分のお芋を収穫するとイモ掘りマシンの周りに積み重ねた

コンテナは満杯になってしまうので、タイミングを図ってトラックの荷台に運びます。

f:id:ptgj:20171102223149j:plain

トラックの荷台にはすでにフォークリフト用のパレットが

一面に敷いてあります。

 

www.youtube.com

 

今回はここまでの見学でした。熟成倉庫に入れるところは見れませんでした。

 

 帰りに、さつまいもを1箱分けていただきました。

この黄色いコンテナは見た目以上に重い。

(55個入って24Kgもあった)

 

家に着いてから、1本づつ重さを測り

ビニールシートを広げ並べてみた。

f:id:ptgj:20171102232821p:plain

 

重さ測定結果

f:id:ptgj:20171102232647j:plain

 

 まとめ

鬼澤さんのさつまいも畑を見学する前は、

よくホームページで見かける、農家の人が畑に立って

さつまいもが何本もぶら下がったツルを持って、

「いっぱい採れたてだど〜 」的な画像が撮れるかと思ってました...が。

現実は全く違ってました。

畑での鬼澤さんの気迫がスゴイかったです。

 

それから収穫したさつまいもがサイズが大きいのもびっくり。宇都宮のスーパーでは見かけない大きなサイズでした。

焼き芋は大きい芋のほうがおいしいので楽しみです。窯が準備できたら食べてみます。