トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

焼き芋がストーブで焼けなかった話し

年末にガスボンベが空になった。ガスが補充されるまで焼き芋はお休み。と思ったが。

お正月にストーブでお餅を焼きながらひらめいた!

ストーブで焼いもができるかも?

鬼澤さんのお芋は蜜がたくさん出るので、ストーブの中に垂れたら大変だ。
そこで、アルミホイルでぐるぐる巻いて、
さらに餅焼き網の上にのせた。
よし、これで完璧!

ストーブが特に小さいわけではないけど、鬼澤さんのお芋は大きかった、写真を撮るとストーブが小さく見える。
f:id:ptgj:20180113202801j:plain

しばらくストーブでお芋を焼くと
甘い香りが部屋中に広がった。
いい感じだ。

しかし、
4時間焼いても中まで火が通らなかった。
やはりお芋が大き過ぎたようだ。
ストーブに接している一部分だけが熱くなるが...
お芋の中や反対側まだは熱が伝わらないようだ。

そのうちに
我が家の室内犬
石油ストーブの下にあるメーター部分をぺろぺろ舐め始めた。

「なんだよ。ダメだ!」
「灯油舐めたら腹をこわす」

すると今度は、床をぺろぺろ舐め始めた。

まさかと思いよく見ると、蜜がアルミホイルの両端から
ストーブの傘にいっぱい垂れていた。
それが、石油タンクの上に落ち、
床に跳ねていた。
床もタンクも蜜でベトベトになっていた。

改めて途中で撮影した写真を見返すと
ずいぶん前から蜜が垂れ始めていたことが分かった。

教訓
ストーブで焼き芋を焼くには、
小さなお芋か、細いお芋でやってみよう。