トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

掘って2か月後の紅はるか糖度を測った時の話し。

掘ってから2ヶ月熟成させたさつまいもの甘さを確認するため、炊飯器の玄米モードで紅はるかを炊いてみた。

f:id:ptgj:20180106212112j:plain

 

掘りたての時は、糖度が20度だった鬼澤さんの紅はるかだ。2か月後、同じ方法で比較的して見た。

 

なんと30度になっていた。

これはかなり甘い。

f:id:ptgj:20180106212416j:plain

 

釜の中をのぞいてみると、そこの方にドロドロしたものがたまっていた。

指でペロリとなめてみると超甘い。

サツマイモの蜜だ!

f:id:ptgj:20180106212234j:plain

これで一つ疑問が解けたように思う。

 

経験則では焼き芋のほうが蒸かし芋よりもはるかに甘い。これは加熱の条件の違いによるものだと思っていた。でも、実際は違うかも?

蒸かしいもの場合は、せっかくの蜜が芋から垂れて下のお湯に溶け込んでいたようだ。

焼き芋の場合は皮に蜜がへばり付いて濃縮されるている。

 

底に溜まった蜜をすくい取り、糖度を測定した結果。蜜の糖度は69度もあった。驚いた。

f:id:ptgj:20180106212524j:plain

 

蜜は非常に粘性が高く、そのままでは測定できなかったので、水で3倍に薄めて測定した。 


さつまいもの糖度はサンプルの位置によって大きく変わる。お芋の中心部を測るのか、皮に近い蜜の付いた部分を測るのか?


いろいろ考えると、糖度の測定は難しい。そもそも外にあふれた蜜の糖度測定は意味がないだろう。

煮詰まって水分量が減れば高くなる。

最後は乾いて砂糖みたいになる。

なんだかおもしろい。