トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

包丁研ぎがうまくなりたい

「包丁の切れ味が悪いから研いでね」

「ゴーヤが切れないよ」と言われた。

 

そういえばもうずいぶん研いでない。

 

「よし、まかせろ!」

 

夏休みでヒマなので砥石で包丁を研ぐことにした。

f:id:ptgj:20180816202315j:plain

すぐに行動したのにはには、ヒマ以外にも訳がある。

最近、研ぎたいと思っていたからだ。

 

今月の始めに、近所のスーパーで刃物研ぎ移動カーを見かけてしまった。

そして、あっ おもしろそうだ! と思ってしまった。

刃物研ぎの移動カー カッコいい。

 

移動カーの中では丸くて大きな電動の砥石で研いでいた。

ろくろ台のように水平に回転する構造だった。

 

ここで疑問

普通の人は切れなくなった包丁を持ってスーパーに来ないだろう。

 

よく見ると刃物研ぎの移動カードアチラシが貼ってあった。

ここのスーパーのチラシだ。

 

なんとスーパーチラシ包丁研ぎ記事があった。

日時と場所の案内だ。さすがだ。 

 

そうか、スーパーのチラシで宣伝していたんだ

スーパーにとってはお客様サービスになるし

刃物研ぎ屋さんにとっては商売になるし

利用者にとっては助かるし

よく出来た方法だと感心した。

 

トントコおやじは家庭用の砥石を持っている。

片面が仕上げ砥石でもう片面が中砥石になっている砥石だ。

 

包丁研ぎはこれまでに何度も行っているが

どうも納得できる状態には至ってない。

刃物研ぐにはかなり技能が必要だ。

この機会に包丁研ぎがうまくなりたい

 

YouTubeを見るとたくさんの達人の方が研ぎ方を紹介している。

それらを参考に、包丁を2本、はさみを3丁研いだ。

 

結果。

そこそこ、よく切れるようになった気がする。

包丁を研いだと伝え、台所に戻しておいた。

 

夕方になって、

「おとうさんスゴイ切れるよ!」ってほめられた。

なんか嬉しい。

ほめられたのでなんだか、研ぎがおもしろくなってきた。

  

でも、新聞紙を立てにもって薄くスーと切れるレベルにはなっていない。

まだまだ、練習が必要だ。

YouTubeの達人のように砥石も作ってみたい。