トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

干し芋を見て 友達ってなんだろうって考えた

心の友って

大人になって本当に価値観が近い人に出合った時 何かバチバチって火花が散るみたいに感じる時がある なんだこれはって 出逢いがあると 急激に心の振動数が高まる
お互いに尊敬しあえる人で 思い、情熱、スピード感、タイミングなども重要
お互いの心の振動数が気持ちよく高められる関係が心の友なんだと思う
 
僕が鬼澤さんに出合ったのは 2年前 初めてお会いした時は ちょっとした勘違いがあって 大声で怒鳴られて 一触即発の状態だった
それでもこの2年間 ホームページの制作取材やさつまいもの仕入れ 食事会 人の紹介 LINEでのやりとりなど多くの交流があった そして今ではこんなに仲良くなった 僕は勝手心の友だと思っている
 
鬼澤さんにお聞きしたところ 正直 最初に僕を見た時は 相当変な人が来たと思ったそうだ まあ最初の印象が悪かったからね あとはどんどん良くなるだけでかえって良かったんじゃないの。。。笑
 
紅はるかの干し芋乾燥
〔左:鬼澤さん 右:トントコおやじ〕

f:id:ptgj:20190204204559j:plain

写真撮影は新たに鬼澤さんからさつまいもを仕入れたいという僕の同伴者に依頼しました

 

干し芋を作る道具

f:id:ptgj:20190204204925j:plain

 

鬼澤さんのご両親 さつまいもを大きな蒸し器で蒸しているところ

f:id:ptgj:20190204204827j:plain

 

面白かった事

鬼澤さんとご両親はそれぞれ別の作り方で干し芋を作って競ってます

お互い俺のほうがうまいって

さつまいも畑も別 蒸し器も別 ビニールハウスも別 干す期間も別 

まったく別々の作り方で競ってます

人は知っただけでは動かない 知るということと行動することには大きな隔たりがある

人は自分が納得したこと以外は行動にうつせないって実感できた 実に愉快だ

そして何よりも みんな楽しそうに仕事をしているのがいい みんな笑顔でいい仕事をしているから とてもパワーをもらえる 本当に楽しい