トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

東芝殺菌ランプで紫外線殺菌ボックスを自作しました

我が家のコロナ対策

東芝殺菌ランプ(紫外線C波)を使って紫外線殺菌ボックス自作したというのが今回のお話です。 タイマー式で15分照射します。

f:id:ptgj:20200426140741j:plain

下駄箱を利用した紫外線殺菌ボックス

気になる記事

新型コロナウイルスSARSのウイルスより太陽光に弱いという記事を見つけました。紫外線A波(UVA)SARSのウイルスの活性にまったく影響を与えないが、新型コロナウイルス不活性化させられたという内容でした。

news.tv-asahi.co.jp

 

日本語でWEB検索した限りでは紫外線が新型コロナウイルスを不活化させるというエビデンスが見つからなかったのでこのニュースは嬉しい。紫外線C波であればさらに強力に不活化させられるという事だ。

 

最近 ちょっと不安に思うことがありました

つまり…

今回下駄箱を利用して紫外線殺菌ボックスを自作しましたが、

新型コロナウイルス本当に有効なのか?

正直なところ 不安でした…

お金もかかったし…

効果は目に見えないし

ホワイトハウスが効果があると言ってくれて良かった。バンザイ

 

主な材料

  1. ランプ東芝殺菌ランプ GL20×2本
  2. タイマーは、パナソニック埋込電子浴室換気スイッチ WN5293K ×1個

UV用保護メガネも準備 紫外線は目や肌に有害なので。

UV用保護メガネは扉を閉じた状態での漏れ光確認に使いました。

 

このランプは波長253.7nmの紫外線を効率良く放射するランプで、空気、水、器材の殺菌などに利用されているようです。

f:id:ptgj:20200425020321p:plain

東芝殺菌ランプGL20

f:id:ptgj:20200425020205j:plain

f:id:ptgj:20200426145519j:plain

 

使用方法
家に帰った時に、カバン財布などの殺菌に使用しています

その他、買い物した商品宅配便の荷物町内会の回覧板等、幅広く殺菌しています

f:id:ptgj:20200422110034j:plain

雑菌が多いイメージの下駄箱を殺菌清潔空間に改造

操作方法

ボタンを押すだけ設定時間だけ照射してOFFになります

このスイッチはとても使い勝手がよいです

f:id:ptgj:20200426144323j:plain

タイマーは15分に設定

 

考察

今回の出来は想像以上に満足

うまくいった。

気分がいい…

 

次はもっと小型安価軽くて丈夫紫外線殺菌ボックスを作ろうと思う。

使用を目的を焼き芋屋さん特化して考える

焼き芋屋さんが何を殺菌するのか?と言うと

 

そんな大したものは無いです、せいぜい

軍手、紙袋、ビニール袋、お金(お釣り)…

でも、どれもアルコール殺菌の適さないアイテム

従来はどれも殺菌なんてしていない

僕は誰も気付かない部分への清潔さへのこだわりをもちたい

紫外線なら簡単に殺菌できるし 

殺菌ボックスは誰でも作れる

 

しばらくの間、業種を問わず清潔な環境を保つことが重要だと思います

このブログを見て紫外線殺菌ボックスを作りたいと思う人がいるかも知れない

そう思って、主な材料の型番を掲載しました。興味のある方は試してみてね。

コロナ対策にUV殺菌装置を作りたい

最近コロナウイルスの報道が多くて怖い

 

自分なりの対策はマスク除菌

家の玄関の前アルコールスプレーを置いている

 そして

スーパーの駐車場に着いたら車の中でマスクを付け

買い物をして、駐車場に戻ったら車の中でマスクを外す

家まで移動して

家に入る前にアルコールで除菌する…

 

でもある日気づいた…

何か変? 無駄が多い

 

家の玄関でアルコール除菌して

靴を脱いで 数十秒後には

洗面所で手を洗いうがいをする

あれれ?

指先アルコールがまだ乾かないのに

すぐに手を洗うって 無駄じゃねーの?

 

そこで考えた…

 アルコール除菌スプレー車の中に保管

仕事が終わり車に乗ったら除菌する

買い物をして車に乗ったら除菌する

我ながら良い方法を思いついたと思う 

自分の車清潔エリアに設定するという方法だ

 

テレビやネットの情報では

海外は日本より感染者が多いらしい

詳細は分からないが、

靴を脱がない文化も影響しているという話が気になった

 

そういえば鳥インフルエンザが流行った時

養鶏場の周りで消毒ポイントを設けて

自動車のタイヤとか長靴消毒していたのを思い出した

 

今回のコロナ対策ではそのような消毒ポイントの設定が無いのが気になる

僕は心配性なので自分の家の玄関に

消毒ポイント設定したいと思うようになった

 

具体的には

病院にあるUV(紫外線)殺菌装置を玄関に置きたい

 

UV殺菌装置があれば 

マスク😷、カバン💼、靴👞、お金💴、スマホ📱、

上着🧥、野菜🥕、宅配便の荷物📦など

何でも殺菌できる

 


 UV殺菌装置をネットで探したら

 小型なのに高額88,000円だった

 しかも売り切れ

f:id:ptgj:20200416123043j:image


 

コロナウイルスの影響で売れているのかも?

構造は単純そうだし

 

見た目を気にしなければ自分で作れそうだ

 

キャビネットを作るのは難しそう…

我が家の下駄箱が利用できそうな気もする

 

ゴールデンウイークに間に合うように材料を集め作りたい

玄関の備え付け下駄箱なので

かなり大きめのUV殺菌装置になりそうだ

コーヒー豆の選別方法の話し

コーヒー豆は程度の差こそはあれ、どの生豆にも欠点豆異物混じっています

コーヒーの品質にこだわる人ハンドピックと呼ばれる手作業選別を行います。僕はかなり豆の品質にこだわっているのでゆっくり時間をかけてハンドピックしています。癒しの時間に感じるほどアホです。そんなアホな自分が選別作業をして気になることがあって。それを冷却装置の導入とふるいの使い方や照明の当て方で解決したというのが今回のお話しです。

f:id:ptgj:20200413172103j:plain

 

気になる事

  1. 生豆には粉じん付着しているので室内で選別すると部屋が埃っぽくなる
  2. 生豆の割れや変色は簡単に選別できるが、虫食いは見逃しやすい

 

虫食いが見つけにくい理由

コーヒー豆は、平たい面と丸い面がありラクビーボールを縦に半分に切ったような形をしているので、お皿やトレーの上にのせて指で動かすと豆はスルっと横移動するだけで360°都合よく回転や反転をさせることができない

傾向として虫食いの穴は平たい面に多いが全方向に存在するので見逃しが生じやすい

そこが虫食い穴が見つけにくい理由だと思った。

 

1、粉じんの対策

部屋が埃っぽくなる問題は下方吸引型冷却装置フィルターを付け解決しました。

f:id:ptgj:20200418104922j:plain

 

2、虫食い見逃しの対策

  1. 照明を3個付けて明るくした
  2. 照明の波長を白色と電球色の2種類使った
  3. ふるいを傾斜させて山崩しさせながら豆を反転や回転させた

f:id:ptgj:20200418081140j:plain

 

f:id:ptgj:20200413171930j:plain

 

コーヒー豆を回転や反転させる工夫

つるつるしたところに置かない。

メッシュの粗いふるいの 網の上に豆を置き、これを傾けてザザッと山崩しすることで豆を反転させて裏面観察ができるように工夫してみた。

 

照明の工夫  

ピッキングは目視検査なので環境を整える。

照度や波長、光を投射する角と観察する目線をなどの過去の経験から工夫してみた。

 


 

おまけ 

僕が豆の選別にこだわるようになった理由は

以前ブログに書いたのでぜひ見て下さい

  

コーヒー豆のカビ毒

 

焙煎容量を増やした話し

焙煎カゴ容量1.6倍改良した話しです

 

今ある焙煎カゴは小さくて問題もある

  

問題点は3つ

  1. カゴに通した空回りする
  2. カゴ隙間が出来てこぼれる
  3. 焙煎量が少なく物足りない250g~750g)

 

改良の方法... 

  1. 空回り防止にはシャフト用フランジを利用する
  2. こぼれないようカゴのかみ合わせを堅牢にする
  3. 焙煎量を増やす(250g~1.2kg)

 


 焙煎容量アップ

おおきなザルを用意して新しい焙煎カゴを作り

動作確認を行った

 

直径24cmの大きなザルはすり切りで2.0kg入る

f:id:ptgj:20200413183318j:plain

 

工作の流れ

  1. ザルに軸を付ける
  2. ザルの中に生豆を2.0kg入れる
  3. ザルを2個組み合わせて閉じる
  4. ハンドルをクルクル回転させて動きを見る

 

結果 なかなかいい感じ 

  1. 一粒も豆がこぼれ落ちない →good
  2. 全然空回りしない        →good
  3. 焙煎量が増えた            →good

 

感想

カゴの容量の半分の量って自分の肌感覚では多すぎる

さらにこの半分では少な過ぎる…

 

カゴを回転させた時に豆が躍る空間がある程度必要だと感じるので

エイヤでMAX容量を(カゴ片面のすり切り容量×60%)に設定した

 

今回はザルにすり切りで2.0kg入ったので

焙煎MAX容量=2.0kg×0.6

               =1.2kg

f:id:ptgj:20200411232038j:plain

ザルの左右に付けたイモビス固定シャフト用フランジがバッチリ効いているようだ

このフランジはいい仕事をしている

 


 

 ※容量アップ前の状態

 

直径21cmのザルはすり切りで1.4kg入る

f:id:ptgj:20200413183631j:plain

 

軸に針金を巻き付け固定していた

加熱すると針金が緩んで軸だけが空回りしやすかった

f:id:ptgj:20200413183729j:plain

長い間 ご苦労様でした...

 

おそらく もう使わない...

 

ばらまき焙煎

やらかしてしまった

1分ほどで1ハゼが来たのですぐわかった

焙煎機の中をのぞくと煙が見える

大量に豆がこぼれてた

焙煎を中止してフタを開けると

 

やばい香り大量煙が出てきた

 

ばらまき焙煎は二度目なので

たくさん煙が出ても

今回は写真を撮る余裕がある 

慣れとはすごい

f:id:ptgj:20200410023720j:plain

 

ガスを止めても

煙の勢いは衰えない

 

超熱いので

真っ赤に燃えている

f:id:ptgj:20200410023838j:plain

 

ばらまき焙煎は もう懲りた

 

よし、

焙煎カゴを新しく作り直そう

今回はそう思った

 

今よりも大きいカゴがいい

大きいカゴの方が

回転させた時の豆の動きに余裕があるから

なんとなく焙煎ムラが少なくなるような気がするから

 

薪火と焼き芋の大きな画像

写真家の知人が撮ってくれた大きな写真

Gmailオンラインアルバムのリンクとしてきました!

 

CANON iMAGE GATEWAYオンラインルバムへのご招待」

というタイトルのメールです

 

初めて使ったけど便利

無料で家族やグループで簡単に写真を共有できる 

 

「アルバムを見る」のボタンを押すと画像が8枚あって

そこから画像を選んで 

さらに

「オリジナル表示」のボタンを押すと…

 

ドッカーン大きな画像で表示された

 

薪火 オレンジ色の炎と赤い熾火がいい

f:id:ptgj:20200324013020j:plain

薪火はドラム缶のかまどに桜の薪をたくさん入れ

近距離の熱い位置からの撮影でした

 

 

紅はるか 

f:id:ptgj:20200324013120j:plain

ねっとり柔らかで、とても甘い品種

甘くて柔らかいのが好きな人に人気のお芋です

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20200324013134j:plain

しっとりなめらかほど甘さの品種

甘さと食感のバランスがとても良いお芋です

 


 僕がスマホで撮った画像とは

比較にならない迫力なので 

とても嬉しい

ホームページに加えたい画像だ

 

焼き芋の写真撮影

焼き芋の撮影セットを作り

写真撮影にチャレンジした

 

ポイントは

  1. 背景を黒くする
  2. 左右に白い反射板を置いて影を消す

f:id:ptgj:20200322185249j:plain

 

焼き芋をかっこよく撮りたい

でもの撮影は難しい

f:id:ptgj:20200322184329j:plain

 

焼き芋2種類用意

 

紅はるか

f:id:ptgj:20200322184038j:plain

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20200322184147j:plain

 

紅あずまは撮影前に売れてしまったので また次の機会に…

 

 

スマホで撮影開始

 

撮影セットの上に紙を敷いて

手で割ったお芋を置く

 

紅はるか

f:id:ptgj:20200322184824j:plain

 

シルクスイート

f:id:ptgj:20200322184913j:plain

うん、上手に撮れた

 

しかし、背景を黒くした意味が無いと

後で気づいた…

 

 

しばらくすると…

なんと

写真家の知人がカメラを持って来てくれました!!

 

「焼き芋はお皿の上に置いた方がいいよ」

アドバイスされたので大きな木のお皿を用意

f:id:ptgj:20200322183913j:plain

 

この後

紅はるかシルクスイートの写真をこのセットで撮影し

焼き芋の撮影もドラム缶の釜で行った

撮影時カメラの操作を説明してくれたけど

専門的すぎてなんかすごい

 

この後、色の調整トリミングとかの編集を行うそうだ

「画像の容量が大きくてメールでは送れないんだよんね」

「完成したらアルバムサービスのリンク送るね」

 

「大きく引き伸ばしてお店の看板にできますか」って聞くと

「1mくらいに伸ばしても大丈夫だよ」

 

1mは凄い

どんな風に撮影できたのか完成が楽しみ