トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

手作りの保冷剤で冷凍庫の停電対策

もう夏が近い

夏のリスクは停電

 

なぜか 

最近は雨や風の自然災害が多いし

大きな地震も来るぞって言う人もいるし

 

もし夏に停電が発生したら

冷凍庫の温度が上がって

最悪の場合、食材が腐ってしまう

そうなったら我が家の大問題だ

 

少ない知識でいろいろ考えて、 閃いた

 

冷凍庫断熱構造

保冷剤をたくさん入れて置けば

電気が止まっても急激な温度上昇は防げそうな気がする

いや大丈夫なはず

(保冷剤があれば発電機がなくてもしばらく平気かも)

 

そこで、

保冷剤作りする、というのが今回のお話です

 

なぜ手作りなのか…

それはコストがかかるから

 

冷凍庫用氷点下保冷剤値段が高い

1Kg¥1,000~¥1,800

 

仮に10kg入れたとすると

¥10,000~¥18,000にもなる

 

市販の保冷剤の成分はわからないけど

塩水で氷の温度を下げて

粘性を高めて流動性を落とせば

なんだかいけそうな気がする…

 

作りたい保冷剤の条件は

  • 固さはカチカチではなくシャリシャリとかねっとりがいい
  • マイナス温度帯-10℃以下-20℃以下の2種類欲しい

 

化学の知識が無いので

理屈はわからない

トライ&エラー繰り返す(適当)

 

緑ボトルのレシピ

  • 水5L
  • 塩500g
  • 片栗粉 180g
  • とき水 350cc
  • 加熱80℃

 

 出来上がり 

 緑ペットボトル500ml × 9本分

 

冷凍して膨らんでパンクしないように少し凹ましてフタを閉めた

(容量も適当) f:id:ptgj:20200710041625j:plain

 

 

赤ボトルのレシピ

  • 水2.5L
  • 塩500g
  • 片栗粉 100g
  • 加熱90℃

  出来上がり 

 赤ペットボトル500ml × 5本分

 

塩の量を2倍に増やす(適当)

片栗粉を1.5倍に増やす(適当)

加熱温度を10℃高く90℃まで上げた(適当)

f:id:ptgj:20200710041626j:plain

 

 

冷凍庫に入れて終了

しばらく放置してキンキンに冷やす

 

緑ペットボトルは2日ほど経過したもので、かなり硬くなってます。

赤ペットボトルはなんとなく3~4日かかりそうな予感。

f:id:ptgj:20200710041627j:plain

 

次の予定
緑ペットボトル赤ペットボトルも十分冷え切った時点で

保冷効果を確かめてみる。

 

方法

  • 冷凍庫から取り出す
  • クーラーボックスに4本入れる
  • 時間と温度を測って保冷効果を確かめる

 2日間氷点下が保てたら大成功。