トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

「アルバイト募集」の看板を作ってみた

ガソリンスタンドから依頼のあった「アルバイト募集」の看板を作ってみた。

幅60cm✖長さ120cmの大物だ。頑張りました。

f:id:ptgj:20160724080545j:plain

室内で点灯試験してみた。

  1. とても眩しい。
  2. よく目立つ。
  3. いい感じ。

きっと道路を走行中のドライバーも気付くハズ。

 これでアルバイトさんが集まらないとすれば、お店の問題だと思う。

 

 高輝度LEDホワイト

f:id:ptgj:20160724093321j:plain

 

さらに「点滅ユニット」をつないでみた。これをオプションとしてオススメできそう。

f:id:ptgj:20160724082800j:plain

ちいさな部品だが、 明るさや点滅パターンをいくつか選択できるので

さらに看板が目立つようになった。

人間の目は連続点灯よりちょっとした変化があったほうが気付きやすいようだ。

これは優れものだ。

優れものの理由は、電源を切っても設定条件 を記憶しているところ。

以前使っていたものは、一度電源をOFFすると初期設定のパターンに戻ってしまった。最初は大した手間じゃないと思っていたが、小さなスイッチを探して切り替える作業を毎日毎回やることはけっこう面倒と感じるものだ。

 

失敗事例(反省点)

看板の下地のビニールの印刷ができたので受け取った時の様子。

「募集」の文字は横線が多いので作りこみが難しい。

印刷して現物を見ないと見極めが難しいと感じた。

このフォントは横線が狭すぎる、メイリオなら大丈夫だったような気もする。

結局、LEDを貼るのは「アルバイト」の文字だけとした。

f:id:ptgj:20160724082848j:plain

 

今後

せっかくできたので、すぐに設置するのはもったいない気がしてきた。

そうだ、前に看板をたのまれた床屋さんにサンプルとして見せにいこう。

床屋さんの看板は まだ仕様もつめてないので。

床屋さんからは、よくわかんないのでお任せしますと言われていたが。

これを見せればイメージもわくはず。

計画段階からイメージを共有しておいたほうが より楽しい。

自分は人と一緒に次の作戦を考えている時間がとても楽しい。

 

材料代( 合計 ¥6,000 )

作業工数(5時間)                     ¥       0

ビニールの下地(ユーザー支給) ¥       0

ベニヤ板 接着剤 コーキング材 ¥2,000

 高輝度LEDホワイト        ¥   500

AC100V-DC12V(5A)電源ユニット ¥2,000

点滅ユニット                             ¥   500

その他                  ¥ 1,000

接続コネクター、電源コード、ハンダ、ヒューズホルダー、ヒューズ、タッカー針