トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 

床屋さんの看板は難しい

床屋さんの看板の新たなデザインを描いてみた。

でも なんかしっくり来ない。

3枚目の絵を持って床屋さんに行って相談してきた。

 

床屋さんの看板は難しいと感じている。

「焼きいも屋」さんや「そば屋」さんのように分かりにくいお店を

看板で目立つようにして集客をするのと違うようだ。

話しを聞いてみると

理容組合に加盟している床屋さんから理容組合に加盟していない

1,000円カットの店にお客さんが移っている。という構図のようなので

看板を工夫しても集客に影響しないように思えてきた。

理容組合を抜けて、1,000円カットに変更する店もあるようだ。

 

トントコおやじは床屋さんはのんびり世間話しをしながら

口コミ情報収集ができる場所と思っているので

時間に追われるような1,000円カットの店は好きじゃない。

 

掃除機のホースを頭に付けて、頭に残った髪の毛のクズを掃除するのも気分的にイヤだ。
あれは床のゴミを吸うのが似合う道具だから。

 

しかし、安いからいい。早くていい。会話が無くていい。

という人も多いのが周辺調査で分かってきたので

行きつけの床屋さんの集客アップ方法がピンとこない。