トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

名刺印刷はA4チラシ印刷よりはるかに難しかった

トントコおやじはA4サイズのチラシ作りをプリントパックのサービスを利用して何度か経験した。だから、ちょっとだけ自信があった。

f:id:ptgj:20180305175037j:plain

https://www.printpac.co.jp/

 

 

トントコおやじがプリントパックでA4チラシを注文した時の流れは

こんな感じ。

  1. プリントパックの会員登録(初回のみ)
  2. 注文(クレジットカード支払い)
  3. データ入稿(価格表ソフトで加工しPDF形式で保存し入稿)

データはこのソフトを使って。

f:id:ptgj:20180305181235j:plain

  

先週、知人からカラー写真入りの名刺を両面印刷で作って欲しいと相談があった。正直な話し、ちゃんとした名刺を作った経験はないのでちょっとだけ不安だった。

 

これまでの名刺印刷は

  1. 100円ショップで名刺用紙を買って。
  2. ラベル屋さん9(無料)を使って。
  3. BJプリンターで印刷する。

程度だった。ソフトはラベル屋さん9を使っていた。

f:id:ptgj:20180305183416j:plain

http://www.labelyasan.com/support/download/

 

前からプリントパックできれいな名刺が作れるようになりたいという思いがあったので、ちょうどよい機会だと自分に言い聞かせ引き受けることにした。

 

でも名刺の印刷は難しかった。

手こずった理由は

価格表ソフトで作ろうとしていたからでした。

  

価格表ソフトは印刷の適用サイズが、A3.A4.A5.B3.B4.B5.B6.ハガキ.からの選択だったので、このソフトでは名刺サイズのPDFファイルが作れないことがわかった。

 

仕方なしに一番近いハガキサイズでPDFファイルを作って投稿してみたが

「申し込みサイズと投稿のサイズが違います」

というメッセージが出た。

頭がまっ白、やっちまったか~。しばらくフリーズしました。

 そして土曜日の夜と日曜日の朝に長時間PCとにらめっこ状態になったのです。

 

気を取り直して、プリントパックの説明をよく読むと

こんなことが書いてありました。

プリントパックは、「お客様より完全データをご入稿いただき、日本全国ご希望の納期に印刷物をお届けする」というサービスを展開させていただいております。

 

完全データというと、イラストレーターだ!

 

イラストレーターのソフトは昔買った。

けど、使い方が難しくて使うのをあきらめたソフトだ。

さらにPCをWindows10にしたらDVDドライブが認識しなくなってしまい

今はインストール自体できないし...。

 

プリントパックにはすでに支払いを済ませているし... あー困った。

土曜の夜はあきらめて寝ました。

 

日曜日も朝から悩んで。苦戦していました。

 

最終的にラクスルのサイトを参考に

ワードで作ってPDFファイルを作るというやり方を習得。

ラクスルさんに感謝! 次回はラクスルでプリントしますね。

f:id:ptgj:20180305191602j:plain

f:id:ptgj:20180305191807j:plain

https://raksul.com/businesscard/

 

このファイルをプリントパックのデータ入稿ページに

入れたら無事注文が確定しました。

//////////////////////////////////////////////////////////////
ご注文商品情報【1】(有効期限:ご注文より1ヶ月間)
//////////////////////////////////////////////////////////////
ご注文番号 :PAC********** 
品名    :名刺********* 
商品カテゴリ:カード類・ミニサイズ
納期    :2営業日
印刷方法  :オンデマンドまたはオフセット
サイズ   :名刺(55×91・名刺ケース1個付)
色数    :両面4色
紙の種類  :ホワイトアートポスト180
加工    :トンボ仕上がり断裁(ご注文サイズでお納め)
オプション加工 :無し
印刷部数  :100
制作アプリケーション:Windows7 OfficePDF
--------------------------------------------------------------

 

あーよかった!

また一歩前進した。