トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

太陽電池とLED照明で明るいハズだったがバッテリーが切れて真っ暗になった話し

100Wの太陽電池パネルと60W電球相当のLED照明を4灯増設した。

うれしくてずっと点けっぱなしにしていたら、真夜中に突然真っ暗になった。

 

バッテリー切れだ!

f:id:ptgj:20180619195706j:plain

 

たぶん6~7時間くらい点けていたと思う。

 古い小さなバッテリーなので容量が少ないようだ。

f:id:ptgj:20180619195729j:plain

 

太陽電池はけっこう頑張っている。

雨の日の朝8時 この時間でも0.7A充電している。

f:id:ptgj:20180619193515j:plain

f:id:ptgj:20180619193650j:plain

 

晴れの日の午前10時 なんと4.6Aも充電している。

f:id:ptgj:20180619193725j:plain

f:id:ptgj:20180619193752j:plain

 

ところが、

午後2時に確認すると、晴天なのに0.5Aしか充電していない。

雨の日の朝より充電電流が少ない。

これは悲しい事態だ。

 

バッテリーの増強が必要かも。

うーん あと1個増やすべきか。

 

よし、不意の停電に備えとにバッテリーをもう1個増やそうと思う。

 もし停電になったら照明以外にもスマホタブレットの充電も必要になるから。