トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

焼き芋窯の改造と試し焼き

休日は焼き芋釜の手直しで忙しい。

隙間を塞いだり、断熱用のボードで周辺を囲ったり、熱が逃げすぎて窯の温度があまり上がらなかったからだ。

釜の温度は250度から300度くらいまで上がるようにしたい。

 

最初の日は上下の隙間をうめて220度まで上昇。

次の日は周辺を断熱ボードで囲って240度まで上昇。

今回は内部にアルミはくを貼って、周辺の囲いを二重にして275度まで上昇した。

正確には、中央部分が275度、いちばん端っこが245度あった。

f:id:ptgj:20171126192251j:plain

焼き芋釜の温度は、アナログ温度計で測定した。

この温度計はオーブン用で300度まで測れる。

 

まだまだ改良の余地はある。

次の休日に、またがんばろうと思う。

 

温度も十分に上がったところで、本日は「紅はるか」4本の試し焼きをした。

気になる焼き芋の味は、今シーズン一番の出来だった。

 

評価の厳しい家族に食べてもらっての感想は・・・、

「これ、すぐにでも売れるレベルだよ!」

 という反応だった! 

f:id:ptgj:20171126192444j:plain

嬉しいです!