トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

通常の焙煎と水研ぎ焙煎との比較

YouTubeで見た水研ぎ焙煎が気になった

かなりスッキリとした風味になるらしい

 

微粉セパレーター

始めて使った時以上

スッキリして驚いたというコメントが引っ掛かった

 

僕も同様に微粉セパレーターには驚いたので

この話に臨場感を感じ 確かめてみたくなった

 

やってみた結果

焙煎直後に飲んでみたら

超~スッキリ 

物足りないくらいにスッキリだった

 

なんでだろう 

かも知れないし

研ぎ過ぎたのかも知れないし

何の影響かはわからない

微分セパレーター併用など

いろいろな要因が重なっている…

 

飲み頃は 焙煎から2日後 

ちょうどよいスッキリ感になった

 

水研ぎ… 奥が深そうだ

 


 

「通常の焙煎」と「水研ぎ焙煎」の比較方法

 

焙煎時間を同じにして豆の外観重さ比較してみた

 

両方とも同じ時間(14分20秒)で取り出したせいなのかな、

・外観の差は水研ぎ豆膨らみが少なかった

・焙煎後の重さの差ほとんど無かった(1g)

 

左:通常焙煎 右:水研ぎ焙煎

f:id:ptgj:20191013122312j:plain

 

 


 

通常焙煎

f:id:ptgj:20191013120701j:plain

重さの変化

 

生豆 100g 

焙煎後 82g

 


 

水研ぎ焙煎

f:id:ptgj:20191013120358j:plain

重さの変化

 

生豆 100g

水研ぎ後 117g

天日干し後 104g

焙煎後 83g

 


 

水研ぎの方法

流水にさらしながら研いだ 10分

時間の経過と共にチャフの量が増えて来たので

もっともっとと研いでいたら

もう10分経過

きりがないのでここでおしまい

f:id:ptgj:20191013103339j:plain

 

水切り

f:id:ptgj:20191013103511j:plain

 

天日干し 1時間

本当は一日干したかったが予定があるので

ここでおしまい

(100gってこんなに少ないんだって実感)

f:id:ptgj:20191013104009j:plain

 

天日干し後の状態

f:id:ptgj:20191013114126j:plain

 

 


 

重さを確認 

 

水研ぎ焙煎(重さの変化)

 

生豆 100g

水研ぎ後 117g

天日干し後 104g

焙煎後 83g

 

 

 

通常焙煎(重さの変化)

 

生豆 100g 

焙煎後 82g

 

 


  

わかったこと

 

味は非常クリア

スッキリしたコーヒーになると分かった

 

二つの焙煎一番差が出た部分は焙煎中の排気温度だった

通常焙煎の豆は1ハゼの時に目立った温度変化が無かった

水研ぎ焙煎の豆は1ハゼの時に温度が10℃低下した