トントコおやじの自由研究

トントン コツコツ 何かを作るのが好き がらくた集めも好き 口べたで嘘がつけない (ウソをついてもすぐバレるのでつかないようになったというのが正解)

冷却器の改良

却器の模型がいい出来だったので 軽くて丈夫な構造に改良することにした 改良内容 側板をウレタンクッションからプラダンに変更 ザル受けをはめ込み式に変更 サーキュレータ本体とプラダンまわりの隙間をふさぐ 改良した後 サーキュレータの風量を最強に設定…

焼き芋と言えば「紅あずま」

今日から焼き芋を焼くことに... 焼き芋用のお芋を昨日仕入れました 「紅はるか、シルクスイート、紅あずまの3種類」 写真は「紅はるか」 僕の感覚で勝手に人気の順番を付けるとこんな感じ 1番人気は「紅はるか」 2番人気は「シルクスイート」 3番人気…

焼き芋釜の試運転

もう12月だ 焼き芋釜の試運転を急がねば 今年収穫のさつまいもはまだ熟成中なので パンと数本の小さな冷凍を焼いて試運転をするつもりで向かった ところが 「今日は大丈夫ですか」 「焼き芋みんな楽しみにしてますよ」って言われ 慌てて冷凍焼き芋で試運転す…

チャフの飛び散らない冷却器

焙煎後の冷却はそこらじゅうチャフだらけになる 台所では掃除が大変 庭でやっても自分の顔や頭にいっぱいくっつく うちわや扇風機とこれまでいろいろ試してきた やってみて一番良かったのはサーキュレータだ サーキュレータを上に向けると その上にザルがち…

焙煎カゴの改良

ザルで作った焙煎カゴの使い勝手が良くない 焙煎後に豆を出すときに手間取る これまでそんなもんだと思って使っていた でも たまたまTwitterで見た 使いやすそうな円筒形の焙煎カゴを使ってた... あれっと思ってしまった そこで 円筒形の専用カゴをAmazon…

焼き芋釜を作ろう(03)溶接作業

ドラム缶を取り付けるために いくつかの金物を付ける必要がある 取り付けには溶接が必要 僕は溶接機をもっていないので 持っている先輩に相談した 材料を見せて 焼き芋釜を溶接して作りたいと やりたいことは 四角いステンレスのテーブルに 半分に切ったドラ…

焼き芋釜を作ろう(02)ドラム缶の塗装をはがす

焼き芋釜のかまど部分は、ドラム缶を利用することにした ドラム缶を利用する理由は... ドラム缶がたまたま手に入ったことと ちょっと加工すれば使えそうと思えたから それと・・・ 四角のかまどよりドラム缶のかまどの方が 熱効率が良さそうな気がしたか…

焼き芋釜を作ろう(01)形を決めた

新たに焼き芋釜を作ることにした 基本的な構造はこれ 大きさは、ほぼドラム缶を横に切った大きさ 筐体は以前使っていたガス釜を再利用することにした 側板をすべて外してドラム缶をはめ込んでかまどを作り 上側に石を置いて加熱し焼き芋を焼く 下側は輻射熱…

タイの人達とバーベキュー

タイの方が来年お店を開くことになり お店の前でのバーベキューに招待された どれも初めて食べるものでした 竹で調理しているのはもち米の料理 甘いココナッツミルク味のお赤飯でした タイの女性はたくましい タイから持ってきたナタで豪快に竹を割って みん…

エチオピアの豆が届いた

注文していたエチオピアの豆が届いた 今回はいつも買っている豆屋さんじゃなく 初めて注文する豆屋さんだ 森の赤い実だけ手摘み 1,800~2,000 m 左:Washed 水洗式で精製した生豆 右:Natural アフリカンベッドで天日乾燥した生豆 すごくいい豆だ 焙煎してみ…

小型の焙煎機(12)耐火シートで保温

焙煎機の断熱対策に耐火シートが使えそう... アマゾンで発見して、ダメ元でポチっと注文した すぐに届いたので早速 包んでみた... このシートはガラス繊維でできていて熱に強いらしい 説明をみるとスゴイ温度が書いてあった 瞬間耐火温度 1500℃ 作業温…

風でドラム缶の煙突が壊れた

ドラム缶の焼いも釜に付いていた煙突が風で壊れてしまった 今月は強い風の日が何度もあった 煙突が壊れて四角い穴が露出してしまった 原因は もともと錆がひどかったのと 煙突の取り付け方が良くなかった為だと思う ドラム缶に四角い空き缶をエルボとして付…

小型の焙煎機(11)断熱対策

朝晩肌寒くなってきた 毎週のように台風とか大雨とか変な気象だったし 大きなことはできないが 自分にできることをちょっとづつ進める もうすぐ寒い冬が来る 寒いと気になるのが焙煎機の放熱 焙煎機は薄い鉄板1枚なので外気の温度が下がると 釜の中の温度も…

水研ぎ焙煎(2)

先日水研ぎ焙煎をやってみたら スッキリしておいしかったので… もうちょっと深掘りしたいと思い始めた だから2回目の水研ぎ焙煎をすることにした 今回は豆の量を前回の2倍の200gに増量 この窯の焙煎にもちょっと慣れてきたし もう大失敗は無いだろうと 増…

小型の焙煎機(10)耐熱ガラスの窓

焙煎機としてはもう大丈夫だと思うけど 釜の中が見えたら楽しそう 釜の中が見えるように耐熱ガラスの窓を付けたい… でも 耐熱ガラスってどこに売ってるの? って思って Amazonで調べたら 簡単に見つかって 買えました 便利な時代だ 追加工してはめ込んだ そ…

小型の焙煎機(9)専用台の改良

焙煎の作業場をスッキリとさせたいが 焙煎機の側にプロパンガスのボンベを置くと どうもスッキリしない そこでプロパンガスの保管場所を 焙煎機の下に移すことにした 改良前(短足だった) やることは単純で 脚を長くするだけ でも材料が曲がった桜の枝なの…

通常の焙煎と水研ぎ焙煎との比較

YouTubeで見た水研ぎ焙煎が気になった かなりスッキリとした風味になるらしい 微粉セパレーターを 始めて使った時以上に スッキリして驚いたというコメントが引っ掛かった 僕も同様に微粉セパレーターには驚いたので… この話に臨場感を感じ 確かめてみたくな…

小型の焙煎機(8)釜の改良とテスト焙煎

石焼いもの要領で焙煎機に石を入れたら 調子が良かったので さらに釜の改良をやりたくなった 改良点は三つ 石を増やす 釜の隙間を塞ぐ デジタル温度計のセンサー位置を変更 改良したこと 1、石の量は焙煎カゴに干渉しない範囲でいっぱい増やした。 2、熱と石…

小型の焙煎機(7)専用置台が完成

かわいい焙煎機が出来たものの ブロックの上ではかわいそうな気がする しかも高さが低いので扱いにくい 丁度よい高さの専用置台が欲しい そうだ 作ろう! そう思った 仕様決め 焙煎機の専用置台の仕様を考えた ハンドルが回しやすい(高さ) 無駄に大きすぎ…

小型の焙煎機(6)石焼いもの石投入

どんぐり型の焙煎機の温度を安定化させる秘策として 石焼焙煎を思いついた 僕の得意な石焼いもの手法をそのまま珈琲焙煎に応用すると言う画期的なアイデア これぞシュンペーターの構築した 新結合理論 イノベーションだー! 楽しくなってきた 石焼いもの手法…

小型の焙煎機(5)中華鍋で扉を作った

前面の扉を中華鍋で作ったら どんぐり型の焙煎機になった 焙煎機の扉は丸にしたかったので 前から見ても横から見ても丸みがあるので気に入っている シリンダー部の大きい穴は中華鍋がいいと思った しかしニトリやカインズホームを探したが合う大きさが無かっ…

小型の焙煎機(4)テスト焙煎

焙煎機の温度が最大290℃まで上がったので いよいよテスト焙煎をやってみた 結論を一言でいうと …焙煎はできたが 以前の釜の風味とはかなり違っている 納得できる風味じゃない また いちからやり方を工夫しなくてはならない… 手間だけど それも楽しい テス…

小型の焙煎機(3)排気口取付〜温度確認~枯らし

焙煎機の温度は大丈夫そうだ 真上の煙突の穴(Φ105)をは排気口に丁度良いが丸穴のままでは熱が抜けすぎそうだしカッコも悪い ホームセンターで材料探したら 煙突部品のコーナーにちょうどよいものがあったぞ 鳥避けという名称で売られていた この部品の特徴…

小型の焙煎機(2)錆び落し〜塗装〜コンロ取付

どこにも無いオリジナルの小型焙煎機を作る 本体は古い時計型薪ストーブ 錆び落としの道具 錆び落としの道具はサンダーとワイヤーブラシとスコッチブライト 錆びと言っても 赤錆びとスケールと呼ばれる酸化被膜の両方で簡単には落ちない電動工具を使っても時…

小型の焙煎機(1)時計型に決めた

今使っているコーヒー豆の焙煎機は 焼いも釜を流用している でもちょっと困った事が… ガスバーナーが大きいのでガス代がかかり過ぎる 本体が大きくて重いので簡単には移動できない だから... 小さな焙煎機が欲しい でもカセットコンロじゃ物足りないし 鋳…

自動認識総合展に行ってみた

数年ぶりの自動認識総合展 なんか前回と雰囲気が変わっていた 前回多かったハンディーターミナルが減ってスマホに置き換わっていたところが多かった IoTやAIがもう当たり前の世界になってるし スマホとクラウド、現場を止めない技術が盛りだくさんだった 働…

木のベンチができた

DIY

いもはぜの椅子は 形や高さがバラバラで 不安定なものもあった だから 自分で作ることにした 買うと高いので... 形はちょっと大き目で 大人が三人座れるもの やっと形になった あと表面を仕上げて塗装したら完成 最初作った時 脚が長すぎた 高さを47.5cm…

キャットタワーが完成

桜の木の枝を切ってから 一ヶ月が経過 キャットタワーが完成した 段差を低くした 高齢のネコさん用 おもちゃも三つぶら下げてある 使うのは来月中旬頃

焼き芋と自家焙煎コーヒーに共通するいい香りはメイラード反応だって

スペシャリティーコーヒーのイベントSCAJ2019に行ってきた 毎回、自分なりのテーマをもって参加している 今回、解決させたい僕のテーマは... 焙煎時のいい香りはなんで? キリマンジャロAAの生豆の色がお店で違うのはなんで? の2つだ いろんな専門家に…

キャットタワーが形になった

キャットタワーを作ろう そう思ってからどのくらいたったのか やっと形になった 材料を準備して 骨組みの組み立てまでは僕が担当 妻が残りの仕上げの真っ最中 これまでの振り返り... 桜の枝の伐採 大きなキャットタワーが作れるように 2.3mの桜の枝を二…